*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近、このブログに書く内容と、もう一つのブログ「Rie's Bar」に書く内容がかぶってきたのだが、手を抜いているわけではない。自分の進むべき道がだんだんはっきりしてきたので、自分探し(自分の目指す方向)と、思いが重なってきたのだ。


本気で自分探しを始めて、半年くらいたって、やっとわかってきたかな~という状態。

やっぱり動き出すことに意義がある。


・・・「手抜き」ついでに言っておくと、私は結構「〇〇が好き」というネタを書いている。


それは人から見たら手抜きネタに見えるかもしれない。でも、私は真面目に考えているのだ。

過去にこんなことがあったと一生懸命自分を振り返っているのだ。

そうすることで、自分の癖とか、考え方とか、いろんなことが見えてくる。


本当に手を抜いている、という日がないとは言わないけれど・・・どうか、そんな目でこのブログを読んでください。





スポンサーサイト

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 [DVD]/吉岡秀隆,堤真一,小雪
¥3,990
Amazon.co.jp

少し年配の人は、昭和は「敗戦」の時代で、つらく苦しい思い出しかないというのだが、私は昭和という時代が高度成長期を向かえ輝かしい時代だと思う。


物質的に貧しくても、みんな思いやりがあって、希望があって、いい時代だったんじゃないかと思う。


今の日本にも必要なのはそういうものじゃないかと思っている。

私はそういう精神性の高い日本を作りたいと思っている。



私は中学生になるまでマスクメロンを見たことがなかった。


プリンスメロンがメロンだと思っていた。だからどうしてメロンの絵には網目が入っているのかとても不思議だった。


我が家はいつもプリンスメロンを箱単位で買っていた。でも、世間では「メロンは病気になったときくらいしか食べられない高級なもの」と言っていたので、みんなかわいそうだなぁと思っていた。


でも、本当にかわいそうなのは、事実を知らない私だったのだ。


大人になってから、夕張メロンを大人食いしたことがある。夕張メロンを二つに割って、半分丸ごと食べたのだ。とってもおいしかった。

やっぱりメロンはおいしいよ。



会社の先輩(男)と話をしていた。夏休みの家族旅行の話だった。


「宿泊費がいくらで、交通費は高速代とガソリン代、それと昼食代・・・一人15,000円くらいかな。4人だから60,000円か」と彼は言った。


あ、この人は、客単価方式で計算するんだ、と思った。


この前、部長と話をしていても似たようなことを言っていた。「これ、一部あたり粗利はいくらなの?」と。


私は最初に合計でいくらって計算すると思うんだけど。それから一人当たりいくらって割り算するかな。


これって、男女だからなのか、それとも、人によってさまざまなのか、職業柄なのか。

みなさんは、どんな計算する?



東京都の各区に男女共同参画センターというのがあって、そこで起業セミナーなどをやっている。


私の住んでいる品川区では、女性の起業を特に応援しているらしく、いろいろとバックアップ体制ができている。このセミナーはタダで参加できた。


それ以外にも、武蔵小山創業支援センターというのがあって、テーマ別のセミナーは格安で参加できるし、ホームページの作り方、会社の作り方など専門家に無料で相談できる。起業前にお試しでお客さんを集めて、物を売ったり、自分の仕事を見てもらう機会も用意されている。


今までこんなのがあるって知らなかった。

これからどんどん活用していこう。


で、起業セミナーに参加した人たちは、自分の家でお菓子の作り方を教えたいとか、ワインのお店を持ちたい、ネットショッピングを始めたい、など実にさまざまな夢を持っていた。

みんな夢に向かってキラキラしていて、私もがんばらなきゃって気持ちになった。


セミナーの内容は、起業は簡単だけれども、5年間生き残れるのはわずか25%という厳しい現実など教えてもらって、気が引き締まった。




私は高校卒業まで函館で過ごした。


東京に出てきて2年目だったろうか、夏、近所を歩いていたら突然大音量で注意報が流れた。

何だ!何だ!ととてもびっくりした。流れている言葉を聞いてもっとビックリした。「光化学スモッグ注意報」と言った。昔、ウルトラマンとかゴジラを見ていたとき、そんな言葉が出てきた気がする。見ると空は紫色をしている。


函館にいたときはそんな恐ろしい言葉聞いたことがなかった。空は青いものだった。


なるべく外に出ないように・・・みたいなことを言っている。そんなに危険なのか。私には戦時中の戒厳令のように聞こえた。


それから、新宿高層ビルの窓はすりガラスだと思っていたのだが、あれはスモッグで汚れた空気を見ているから曇って見えるのだと教えられてとてもショックだった。

空気が濁っているのが目に見えるって一体・・・

東京生まれの人たちは、これが当たり前なのかなぁ。


それを知っただけで病気になりそうだった。


こんなに汚い東京なのに、でもとても便利で私には到底離れられない。

文字通り、命がけで仕事してます、と言う感じ。



私は意外と体力がない。土日のどちらかはお昼寝をしないと体が持たない。


最近、セミナーオタクになっている私は、全く休みが取れない。(ので、たまに有休をとっている)

今週は久々のオフだったので、本当に生き返った~という感じ。


ぐっすり寝れたのでお昼寝はしなかったけれど、午前中さっさとお掃除とかお洗濯とか済ませられたので、「あれやらなきゃ、これやらなきゃ」という焦りがなく、とてもゆったり過ごすことができた。

脳をやっと休められた感じ。


やっぱり、身体も脳も心も時には休めなきゃ。

そのためには、ぐうたらするってとても大事。


時間があったら、いくらでもぐうたらしそうで怖い。



私は占い好きなので、おみくじも好き。


でも、それとは関係なく、いつからか神社が好きだった。旅行は神社中心に計画を立てる。

鳥居を見かけると、ついフラ~と足が向いてしまう。


寺はあまり興味がない。神社なのだ。


神社にはえもいわれぬきれいな空気がある。

伊勢神宮はほんとに別格だなというのが行けば分かる。


そういう神聖なものに触れられるのがいいのかな。

すごく、ありがたい気分になってくる。絶対何かいい気を受けているという感じがわかるのだ。


パワースポットという言葉が出てくる前から、わたしはせっせと神社に通っていた。

そんな言葉ができちゃったから、にわかファンが増えて、困っている。



今年は結構涼しいと思う。・・・その時点で人と意見が合わないかも知れない。


最近、人と逢うと、「今日は蒸しますね」などと言われるのだが、私はまったくそんな感覚がない。ちょうどいいくらいだと思っている。

会社を見渡しても、半袖の人が多い。私は寒くて長袖に上着まで着ているのに。


人よりちょっと寒がりだとは思っていたが、そこまで違ったかな。


「人と違う」って、ちょっと不安になる。大した事じゃないのに、「私もしかして病気?」と思ったりする。

それは平均が大好きな日本人特有なのかな。


自分の軸を持とうというのは簡単だけど、実行するのは大変。



私は妄想しているのが好きだし、得意。


NLPのセミナーを受けていると、夢を達成している未来の自分を想像したりする。私はそういうのはとっても得意。


そして気づいたのだが、過去を振り返る、特に前世を思い出すというのは全くできないなと思った。


ヒプノセラピーというのは前世療法で、トラウマをかかえた人の治療などに用いられる。前世とか、過去につらい体験をしているから、今障害となっていることが多く、それを取り除く治療なのだ。

私は、ちょっとぴんと来ないなと思っていた。


自分探しをしていたのも、この先が見えないのが落ち着かなかったからだ。

私は未来志向型なんだなと思った。



この半年間、結構な量のビジネス書を読んできた。最初の頃はとても新鮮だったし、読めばそれなりに面白いと思う。でも、読めば読むほど、自分の向かう道ではないなと思ってくる。


好きか嫌いかと言ったら、おそらく好きではないのだ。天職かと言ったら、間違いなく天職ではない。


でも、それはやってみてわかったのだ。

そして、やったことはすべてムダではないと思っている。


また一歩、前進したのかなと思っている。



私は結構両親が嫌いで、実家にもほとんど帰らないでいた。


口の悪い母親にズケズケ言われるのが嫌で、それを言い返せないでいる父親も嫌だった。高校生の頃から「早く家を出たい」と思っていたし、東京に出てきてからは、「何で時間とお金とかけてわざわざ帰らなければいけないのだ」という気持ちが強かった。


でも「いいかげん許してあげたら」と知人に言われた。

そうね~私もいい加減いい年した大人なんだものね。


ちょうど今日は父の日。

意を決して贈り物をした。母の日は何もしなかったので、まとめてってことで贈った。


キティーちゃん電報にした。

3日くらい前に思い立ったので、気持ちが変わらないうちに送らないと、絶対送らないだろうと思い、ネットから申し込んで、今日届くように設定したのだ。


今朝、母親から電話が来た。

電報なんてもらったことなかったから、二人で泣いて喜んだ、と言っていた。

キティーちゃん、とってもかわいいの~と。


私は何か今まで必要以上に意地を張っていたような気持ちになった。


やっぱり贈ってよかった。




私がずっと自分探しをしているのは、自分に自信がないからだと思っていました。

つまり、セルフイメージが低い。


でも、今日このセミナーを受けて分かりました。


私はセルフイメージが低いのではない。むしろ高い。

にもかかわらず、自分のセルフイメージを存分に発揮できる場が現状では存在しない。

だからストレスが発生するのだ。


うちの会社はかなりセルフイメージが低いと思います。

だから違和感を感じているのだ、ということがわかりました。


会社にすべてを預けていてはいけない。


・・・だったら、ここを飛び出すしかない。


自分の方向性が一段とはっきりしました。



私は正夢を見るタイプなのだが、たまにとんでもない夢を見る。


日曜日だったと思うが、スナイパーに狙われるという夢を見た。私が建物の外に出ると、周りのビルの屋上に何人もスナイパーがいて、私を狙っていた。


私は、まずいと思って、あわてて建物の中に入り、他の人を掻き分けて奥へ奥へと逃げた。

途中、押しのけられた人は、私の代わりに撃たれて死んでしまった。


それから私は物品庫のようなところにしばらく身を隠していた。


・・・と、そこで目が覚めたのだが、一体この夢はどんな意味があったのだろう。

どなたか分かったら教えて。


昔、ゾウに蹴られて死ぬ夢とか、とんでもない方法で死ぬ夢をいくつか見たことがある。



気が付いてみたら、私が気に入っている人は11日生まれが多いな~ということがわかった。


中には生年月日が全く一緒の人もいる。・・・そう考えると誕生日から相性占いをするのって、あながち間違っていないのかも。


数にはそれぞれ意味があるから、多分偶然じゃないんだろうな。


私にとって11はどういう意味なのだろう。

ちなみに私は5月6日なので、たすと11になる。だから引き寄せられるのかな。

数秘術では、11は特別な数で、並外れた感受性などを示す、スピリチュアルな数なのだ。


実際、私は本当にスピリチュアルな人をよく引き寄せる。


何か、いろいろ読み解いていくと面白い。



私は3つのブログを毎日書いている。


俳句のブログはほとんど読んでくれる人がいなくて、困っていたのだが、

毎日コツコツ書いてきたら、徐々に読んでくれる人が増えてきた。


続けるって大事なんだと思う。


そして、続けられることってやっぱり「強み」なんだと思う。





先日、セミナーを受けていて、「精神性」という言葉が出た。


私はこの「精神性」という言葉に心魅かれた。

そうだ、私はこの言葉を求めていたのだ。


私が日本文化に魅かれるのも、そこから来ているのかもしれない。


かつての日本人が持っていた「品格」とか、「精神性の高さ」とか、

もう一度取り戻す。

そういう国を作る。それが私のミッションだと思っている。


私が受けたセミナーとは、「全脳思考マスター講座」なのだが、

これは精神性・利他性まで含有する問題解決方法という話を聞いて、

とても感動した。


人の幸せまで願う問題解決方法って素晴らしい。

これからはそうじゃなきゃいけない。


興味のある方は是非どうぞ。

充分、価値のある講座だと思います。

http://www.almacreations.jp/seminar/index.html




先日、メンタルケアの講習を受けた時に聞いた話。

メンタルケアをするためには、まず自分が健康でなければいけない。
だから、自分が疲れたとか元気がないと思った時には、
以下のようなことをしてパワーを取り戻しましょう。

「ブログ人」の方をご覧下さい。5回に分けて書きました。

http://kitt-white.blog.ocn.ne.jp/momoblog/2011/06/post_347a.html


自分がどんなやり方でリラックスできるか、やってみることで、

自分探しができるかも。



お寿司を食べに行くと、トロと双璧をなすくらいの位置にいるのがウニだ。


でも、私にはこのおいしさがわからない。


そんなに食べ物の好き嫌いは分からないが、ウニって別においしくないじゃん。


私が子供の頃、海でウニが獲れた。(獲っちゃいけなかったのかな?)父親が獲ってきて、ちょっと持っててって言われたけれど、その姿がグロテスクでとてもじゃないけど持てなかった。

そんな思いでもあるからかな。

「これ、食べるのか」と。

名前だって美しくない「ばふんうに」って何よ。

そんなものますます食べられない。


・・・卵焼きのほうがずっといいな。



名前が短いの他に、「顔が丸い」も私のコンプレックスだった。


私のテーマソングと言って、「出た出た月が~、まあるいまあるい真ん丸い~」と歌われたこともあるし、

私の顔って「半径求められるよね」と言われたことがある。

ふん、求めてみなさいよ。


それくらい、ほんっとにまん丸だった。


中学・高校の頃は眼鏡をかけていたので、顔のパーツが全部マルでできている感じだった。

大学生になって、コンタクトに変えても、やっぱり丸かった。


これはずーっとコンプレックスだった。


しかし7年前、身体を壊したせいで、結構痩せた。

そうしたら、あら、とがったアゴ!


人から言わせると、まだまだ丸いらしいが、私の中では結構ほっそりした顔なのだ。


私は今の顔の輪郭が結構気に入っている。


コンプレックスなんてそんなもんなんだな。

人からどう見えてるとか関係ないんだ。要は、自分でどう思うかなんだ。






私はフルネームが4文字しかない。

小学生の頃は、「名前が短い」ってよくからかわれた。

「テストの時は早く書けていいじゃん」と言われたが、漢字で書くと、画数の多い文字ばっかりで4文字。


中学生くらいになるとノートの隙間にサインの練習とかしなかっただろうか。

みんな結構かっこいいサインを考えるものである。

ところが、私はローマ字で書くと6文字しかない。

どーがんばっても、かっこよくならない。


高校生の頃は、出席を取るとき、先生が私だけフルネームで呼んでいた。

リズムが合わなかったのかなぁ。


そんな感じで、自分の名前についてはいい思い出がなく、

いつか「綾小路」君とか、苗字の長い人と結婚するんだと夢見ていた。


最近、そういえば、「名前短くて嫌だな~」なんて思ってないなと気づいて、

何でだろうと考えてみた。


いろいろ試行錯誤しながら生きてきて、そんな自分を受け入れているからかなと思った。

良くも悪くもこのまんまの自分が好き、この名前の自分が好きって。


・・・でも、一度は苗字変わってみたいよ。



この半年、好奇心をそそられるままに進んできたら、何となく自分の使命が見えてきた。

始まりはフォトリーディングだった。フォトリーディングの先生がヒプノセラピストも
やっていて、その時初めて「ヒプノセラピー」という言葉を聞いて好奇心をそそられた。

それで、ヒプノセラピーの資格を取ったら、そこのメニューで「レイキ」が気になった。

レイキを習いに行ったら、一緒に講座を受けた人から「コーチング」の話を聞いた。

それで、最近コーチをつけたのだけれど、コーチからとある占い師さんを紹介しても
らった。

今の段階で、何となく自分の使命がわかってきたけれど、

占い師さんに、私の使命についていろいろ見てもらおうと思っている。

何かまた流れが変わりそうな気がしている。

わらしべ長者のような、「これが何に変わるかな?」みたいな過ごし方をしてきた。
いろいろ導かれる中に、必ず霊感の強い人がいる。レイキで出会った方もその一人
で、前日突然申し込んだらしい。・・・まるで私と出会えと言わんばかりに。

私は何となく動いているようで、進むべき方向に導かれているような気がする。





レイキヒーラーの免許皆伝の儀式としてアチューンメントというものを行う。
目を閉じている間、私にはハスの花が見えていた。

この前、人から名刺をいただいた。裏面が様々な写真になっていて、好きなの
選んで、って言われたので、ぱっと見てきれいに見えるのを取ったら、
それがハスの花だった。

他の花だったら単なる偶然と思うかもしれないけれど、
ハスの花はお釈迦様の花。
何か、メッセージを感じてしまう。

それだけ使命を背負っているような気もするし、今進んでいる方向が
間違っていない気もする。

この世に偶然は存在しない。





小学生の頃、母親がそろばんを使って家計簿をつけているのを見て、
「そろばんができないとお母さんになれないんだ」と本気で思った。

それで、3年生の終わりくらいから習い始めた。

始めてみたら、結構トントンと進み、1年たたないくらいで1級を
目指すところまできた。私の通っていた塾には1級保持者がいなかったので、
その時点で私がトップになった。

今にして思えば、私はトップ争いが結構好きだったかもしれない。
順番が付くものだと、ついつい1番を目指してしまう。
中学の頃は、いつも成績が学年のトップ10入りをしていて
私はそれを競うのを楽しいと思っていた。

わりと最近までそういう価値観で生きてきた。
でも、世の中にはそんなことでは測れない価値がある。
1番ということに何の価値があるのだろう。
蓮舫大臣がかつて「2番じゃだめなんですか?」と言った。
私にはその真意がわかる気がする。

1番を目指すことには何の価値もない。
世のこと、人のことを思った結果が1番だったら、それは価値がある。
そんな風に思っている。





昨日も今日もペタがなくてさみしいーっ!


誰も読んでくれてないのかというと、そんなことなくて、・・・じゃあ、よっぽど内容がつまんなかったのかな。

それはそれでショック。


今日、ニュースを見ていたら、15歳の女の子がfacebookで自分の誕生会に「どなたでも来てください」って書いたら1000人以上もの人が狭い町に集まっちゃって、警察が出動したと言っていた。

もう、顔見たことない人でも友達の時代だものね。


もし、私がここで、どなたでもペタしてください!って言ったら、一体どれくらいペタしてくれる人がいるのだろう。

そんな好奇心が芽生えてしまった。



体を壊していたころ、夢に「神湯」という温泉が出てきた。
きっと、そこに行けという意味だろうと思って、調べたら本当に
「神乃湯」というのが、諏訪にあった!
行ってみると、諏訪の駅からかなり車で山奥へ入っていく。
お湯はかなり鉄分が強く、色もにおいも鉄っぽい。

後から知ったが、私の症状では本当は温泉に入ってはいけなかったようだが、
効能のいい温泉らしい。

入浴だけでもOKだし、宿泊もOK。
よかったら行ってみてください。


http://www.kaminoyu.com/index.html

つい最近、夢の中でとてもワクワクしていた。
「これから私の人生バラ色!!」っていう感じで喜んでいた。
いい夢見たな~




最近気づいたが、私はブログを書いていてもいろいろなカテゴリーについて
まんべんなく書きたいと思っている。

俳句で10句くらいの出句をするときは、正統派の句・恋の句・男っぽい句・
仕事の句・面白い句・・・など、なるべくバラエティに富んでいるようにする。

それがすごく私の特徴だなということに気づいた。

逆に言うと、同じものをずっとというのが苦手である。
いつも変化とかバラエティに富んでいないとつまらない。

レディースランチが好き。お菓子の詰め合わせが好き。
色鉛筆の24色セットが好き。

一見全く関係ないようなことでも、私のやっていることは
一本筋が通っていたのだ。




NLPの授業で出てきた内容ですが、価値観というのは、人それぞれ違うけれど、
それは、いいか悪いかではない、優先順位が違うだけだ、という言葉が印象的でし
た。

私は今まで、自分と違う価値観、例えば仕事に全力を出さないという価値観、
は悪いと思っていたような気がします。

でもそういう人たちは、例えば協調性とか、生きることを楽しむとか、違う価値観で
生きているのであり、
それが悪いかと言われれば、そうではない、ということがわかりました。

価値観の優先順位が違うからこそ、そこに争いが生まれるのであって、
相手の価値観も認めることが大事。
・・・そうは言っても、実際の現場でたくさんの価値観をまとめていくのって難しい
な~



仲間にNLPの有資格者が多いので前から興味を持っていて、
5月~7月の10回コースをやっと受けることにしました。

まだ最初の2回が終わった段階ですが、「受けてよかったー」
という感じです。

2日目は結構実践が多いので、体感することができます。
「夢って結構簡単に実現できるかも」って思えます。
きっと毎日その積み重ねで実現できていっちゃうんだろうなーと思いました。
結構思いこみで生きていたり、目標を設定することって本当に大事、というのが
今の時点の感想です。

みんなそれぞれ、悩みだったり、問題だったり抱えていると思うのですが、
それを前向きに変えていく方法を知るのって大事だと思います。

お金は結構かかりますが、わたしはこのモヤモヤした状態から抜け出したいと思った
ので、
がんばって投資しました。きっと元は取れそうな気がします。

こういうセミナーに来る人って、みんな意識が高いので、それだけでも大きな収穫で
す。
一緒にいてとても気持ち良くなれます。

みなさんもよかったらどうぞ。

http://www.nlpjapan.co.jp/?gclid=CMTC8NHwlKkCFQPabgod0FVjeQ



U理論というのは、問題解決の方法論の一つで、
視点をlevel1:自分からlevel3;相手あるいは、level4:その場全体へ移して
深く共感することによって、解決を図るというもの。

あるいは、売れる曲とか絵なども無意識的に
この手法が用いられているなど、いろいろなものに応用が可能。

この理論で、組織が改善され、売り上げも伸びたという事例紹介もありました。

たぶん、これだけ読んでも全く何のことやらと思うでしょうから、
こちらをご覧ください。

・・・これ以上うまく説明できませんが、是非お勧めです。


http://www.authentic-a.com/



阿部もも

Author:阿部もも
5月6日生まれ B型 北海道函館市出身。

セラピスト・ライター
キャリエンジョイ代表 / ファイナンシャルプランナー(AFP) 

約20年間の商社勤務を経て独立。

中東貿易担当の頃はUAE・バーレーン・クウェートなどの中東諸国への日本食供給に従事。大好きな英語を使い、貿易業務やアラビア語を習得し、忙しいながらも働きがいのある充実した毎日を過ごす。
保険営業時代には、個人・法人ともお客様の悩みに一つ一つお応えするカウンセリング型営業を得意とし、850件の大量受注にこぎつける。

長年働き続けるうちに、お客様置き去りの営業、管理部門からの締め付け、上司―部下間のコミュニケーションなど「会社ってこんなに我慢するところだろうか」と疑問を持つようになり、様々なセミナー・勉強会に参加。
世の中の多くの会社員がいろいろ悩み、我慢し、会社に耐えていることを知り、自分の働き方・世の中に果たす意味について本格的に考えるようになる。

「もっと楽しく働く」を提唱していくのが自分の使命であると考え、「キャリアをエンジョイする」という思いを込めたキャリエンジョイを立ち上げる。

俳人という立ち位置から、カウンセリング、コーチング、ワークショップなどを展開。


俳人(未来図同人)
LABプロファイルインストラクター/トレーナー
NLPプラクティショナー
心理カウンセラー
心理テストライター
ヒプノセラピスト


<他ブログ>
ほわ~っとできる今日の俳句 http://abemomo2000.cocolog-nifty.com/blog/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。