*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日、人脈構築セミナーに行ってきました。
私は今まで様々なセミナーを受けてきましたが、
つくづく今まで恵まれていたんだな~と思いました。
そして、講師の人格は重要!と思いました。

なぜなら、今回のセミナー講師の価値観は
吐きそうー、だったからです。

私は、講師が何らかの思いを持っていて、それがきっかけで
同士や仲間が増えて・・・というような有意義な人脈構築を
築いて、それを伝授してくれるんだと期待していました。

しかし、聞いた話は、
「私は人脈たくさんあるけど、あなた方は無いのよね~」
「私は小さいころから社長になりたかったので、社長とたくさん知り合いになりまし
た」
「私は一部上場企業の社長とたくさん知り合いで、よくゴルフに誘われます」
「知り合いが多いので、飛行機はビジネスクラスにしえもらえます。いいでしょ」
「交流会は質を求めるのか、量を求めるのか、目的を持って参加します」
「交流会で集めた名刺はランク付けします。意地でもつながりたい、予備軍、繋がり
たくない、って」
「意地でもつながりたい人には、贈り物攻撃をします。そういうことにお金は使わな
きゃ」
「名刺をもらったらアフターフォローでハガキを書きます。・・・メールだと目立た
ないからです」
「第一印象が大事なので、セミナー講師の時でも面が割れていないので受け付けをし

みなさんの観察をしています」
などなど。

「人によって態度を変えてはいけません」
「学歴コンプレックスは強みです。だから、大学がどうとか気にならなくなりまし
た」
と言うなら、ぜひ実行していただきたい。

この人は、「人のためにお金を使う」とか「アフターフォロー」の意味も取り違えて
いるようです。
これらは、「自分のために」やることではありません。相手のことを思ってやること
です。

そして、彼女の言う「質」とは、大企業の社長とか重役クラスを指すようです。
しかし、起業家とサラリーマン社長は似て非なるもの。
自分で会社を興して社長になった人は、ゴルフをする暇があったら、新しい事業を考
え、
お客さんをハッピーに出る方法、世の中に貢献できる方法を考えています。

彼女の話の中には「お客様」の存在もなければ、「思想」もありませんでした。
20代なら致し方ないかなとも思いますが、43歳でこの価値観はない。

最後に「この中にもつながりたくない人とかいるんですけどね」と調子に乗って言っ
て終わったのでした。
講師から見たら、われわれは「お客様」だ。

反面教師的に学ぶことはいっぱいありました。
講師としてやってはいけないこと、
セミナーの選び方
話の聞き方・・・

うーん、これで一冊本が書けそう。


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

facebookがなかなか集客につながらない、という話を聞いた。

ページをオープンしても継続しないらしい。


一方で、私が属しているグループは安定して続いている。

それはリアルなつながりがあるからだと管理人が言っていた。


そうだなぁと思う。facebookで友達になるのは簡単だ。

「もしかして知り合いではありませんか?」に出てきた人にリクエストを送れば簡単に友達になれてしまう。

でも、それは本当は友達ではないのだ。

だから、何も話すことがない。


アメブロの集客方法の一つにペタを貼っていく方法がある。

これも同じことだ。


本当に記事を読んでペタを貼るのはいいと思う。

でも、何も読まなくてもペタを貼ることができる。それは全く意味のないことだ。


そんな時間があったら、リアルな友達を増やす努力をしよう。



ブログランキング・にほんブログ村へ

日経の記事に載っていた。南三陸町にあるホテル観洋は、地元の人に無料で大浴場を開放したり、子供たちのために寺子屋を開いたりしているそうだ。


仮設住宅に被災者たちが移るとみんな寂しくなって閉じこもりがちになるので、なんとか外に出てもらおうと、ホールでイベントを企画したり、いろいろ地元の人たちのために尽くしているとのこと。


こういう事業をしているホテルがあってくれるのは嬉しい。


素敵な女将さんだなと思った。


http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110926/222803/?top_updt


ブログランキング・にほんブログ村へ

日本でいちばん大切にしたい会社/坂本 光司
¥1,470
Amazon.co.jp


発売当初、ベストセラーになったそうですが、私はごく最近この本を知りました。

これ、とてもいい本でした。


大学教授である著者が、全国の中小企業を何千社も廻って、いい会社とはどういう会社か、おすすめの数社について語っている本です。


この中で私がいちばん魅かれたのは伊那食品工業さんです。

寒天パパを作っている会社です。

輸出の仕事をしている時、寒天パパを中東に出していましたが、伊那食品さんはこんなに立派な会社とは知りませんでした。


社員も大事、お取引先も大事、地域の皆さんも大事、ライバルも大事、そんな気持ちで働いている会社です。

会社の敷地は塀もなく、誰でも自由に出入りでき、みんなの公園だったり、通学路だったりするそうです。


きっとこの辺はにこにこでいっぱいなんだろうな、と感じました。


東京には「業界No.1」とか、「売上高〇億円」とか、数字でしか物事を判断できない会社が溢れています。

何か小さいな~と思います。


規模は小さくても、夢も希望も溢れているでかい会社、そんな会社ばっかりになるのを私は祈っています。


この本の公式ブログサイトもあるので、見てみてください。

http://blog.canpan.info/nihon/



ブログランキング・にほんブログ村へ

何度かフォトリーディングの話を書いた気がしますが、昨日、ほんっとフォトリーディングってすごい!ということがあったのでお知らせします。


フォトリーディングというのは、速読というよりは、潜在意識に読ませる方法です。

潜在意識に全部読ませておいて、問いかけをしながら読むと、答えとなるキーワードが浮き出てくる(目に付く)という読み方です。


そうは言っても、ほんとに潜在意識に全部入っているのだろうかと半信半疑でした。


ほんとに入ってるんです。


数日前、夢を見ました。その夢の中に「男脳」というキーワードが出てきました。何でこんな言葉が出てくるんだろうとずっと気になっていました。

でも、昨日本を読んだ時に解決したのです。

この本は、夢を見る2日前にフォトリーディングしておいたものでした。その本の中に「男脳」という言葉が載っていたのです。

つまり、潜在意識はこの本を全部読み取り、その中にあった「男脳」という言葉を夢の中で見せてくれていたのです。


恐るべし潜在意識。

これで安心してフォトリーディングを続けられる!


ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は「ワールドカフェ」を体験してきました。


コーヒーを飲むのではありません!

でも、コーヒーを飲むようにくつろぎながら、意見交換するというところからこの名前が付いています。


あるテーマについて、一緒のテーブルになった人たちと意見を出し合い、

何分かたったら、メンバーをチェンジまします。そこでは、前のテーブルで出た話題を先ず話し、

さらに話の続きを話します。

そして、またもとのテーブルに戻ってきて、どんな話が出たかシェアします。


そうすると、短時間でたくさんの人と話したような情報が得られます。


昨日は「本」をテーマに話しました。


感動した本・役立つ本について話しました。


テーブルによって話している内容は全くばらばらで、人の意見を聞くことが如何に大事か知りました。

自分では絶対選ばないような本が出てくるのがとても参考になります。


これからも参加したいと思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

今日、ダイヤモンド社の総合ビジネスサイトを見ていて面白い記事を見つけた。
「頭がよい」とはどういうことなのかということを説明している記事だ。

そして、最後に「論理思考」は存在しないのだと締めくくっている。

私は記事の内容よりも、その最後の一言に魅かれた。
改めて考えてみた。

そうかもしれない。巷で流行っているロジカルシンキングは、考え方の方法論。
「AだからB」ということを教えているにすぎない。
でも、そのBに何が入るかは、人それぞれで、まさに直感とか混沌としたものなの
だ。
何でBがそれなんだ?と言われれば、その人から出てきた答えだから、ということに
なるだろう。

Bという答えこそその人らしさであり、考えることに意味があるのだろう。

私はロジカルシンキングというものに、ちょっと違和感を覚えていた。
それを見事に言い当ててくれた気がする。

ロジカルにしか物事を見ていないうちは、本当の解決策なんか見つからないのだ。

http://diamond.jp/articles/-/13974

ブログランキング・にほんブログ村へ


金持ちは長財布を使うらしい。

長財布はお札から見ると広々としていて居心地がいいから
友達も呼んでくる、ということらしい。

だから汚い財布なんてもってのほか、だそうだ。

私はもう20年以上同じ財布を使っている。
二つ折りの財布だ。

新しい財布を買おうかどうか、ずっと迷っていた。

この財布は、初めてのボーナスで買った財布なのだ。
私はここから始まったんだ、それを忘れてはいけないと思い
ずっと使っていたのだ。
金具が甘くなって、何度も修理した。内布がもう破れかけている。
それでも使っている。
お札の向きはいつもきれいに整えて、余計なカードはいつも整理して、
私なりに大事に使っている。

でも、お札の気持ちを考えると、きれいな長財布もいいのかな
と思ったりした。

結論は、このままずっと使うことにした。

家に例えるなら、この財布は明治時代に建てられた味のある家だ。
柱とか床がぴかぴかに光っているような。
狭いかもしれないし、最新の設備もないけれど、
新しいマンションにはない味わいと歴史がある。

お財布だけはいつも肌身離さず持っている。
旅行も一緒に行ったし、入院の時もずっとそばにいてくれた。
私の歴史を知っている。

昔、おばあちゃんの家に遊びに行くと、戦時中おばあちゃんがどんな気持ちで
おじいちゃんを待っていたかとかよく話してくれた。

新しいお札が私のお財布に入ってくるのはちょうどそんな感じだろう。

賢いお札であれば、この味わいを分かってくれるだろう。
そして、「こんないい財布ないぞ」と友達を連れてきてくれるに違いない。


ブログランキング・にほんブログ村へ

私は「おみくじノート」をつけている。


普通はおみくじを引いたら、近くにある木の枝に結び付けて来るんだろうけど、私は「凶」でない限り、持ち帰ってくる。そして、ノートに貼るのだ。いつ、どこの神社で引いたか書いておく。


その時は分からなくても、あとから「あぁ、そういえば」なんて感じで、結構当たっている。


自分が流れに乗っているときは「大吉」が出る。

反対に、何か本調子じゃないなと思っているときは絶対に大吉は出ない。自分で調子いいと思っているときでも大吉が出ない時期は、どこか間違っている。


ちなみに今回の連休で行った神社では6箇所でおみくじを引いて2個大吉が出た。

・・・そのうち一つは「凶」だった。厳島神社は女の神様なので、ほんと女子には厳しい。


凶を手元においておくのは、何となくいやだけど、

せっかくの、神様からの言葉、持って帰らない手はない。





ブログランキング・にほんブログ村へ

人生が100倍楽しくなる 名前セラピー/ひすい こたろう
¥1,365
Amazon.co.jp


この本、チョー面白かったです。


50音にはそれぞれプラスとマイナスの意味があり、その組み合わせである個人個人の名前にも意味=使命が込められているのだそうです。


苗字よりも名前に意味があるそうですが、私はフルネームで見てみました。


天からの声をキャッチして、皆さんに変化を与えたり、希望を与えたりする、さらにそれを発展させていく使命があるようです。

まさに、私が目指している方向でした!!

これにはビックリ。


そして、名前というものは親から与えられたプレゼントであり、自分で決められないところから「生かされている」ことを感じる大事なものだと書いています。


なかなか奥が深い本です。



ブログランキング・にほんブログ村へ

旅行から帰ってきました。


旅の友に江原さんの本を持っていきました。

自分は何のためにこの旅行に来たんだろうとか、今までたくさん旅行してたのには意味があるとか、いろいろ社中考えちゃいました。


江原さんもスピリチュアルの道でやっていこうと決めた時、かなり大変な思いをしたようです。

今ほどスピリチュアルが理解されていなかったので、今のように理解してもらうのにとても苦労されたようです。


独立するということは腹をくくることだ、そうなると自分のために楽しんでいる時間なんかない、だからもう充分楽しんだと思えるだけ今まで旅行してたんだ、という結論に達しました。


一緒に行ったツアーの中にはもう現役を引退したおじさんたちがたくさんいました。

私は、彼らはまだ働いたほうが幸せなんじゃないかと感じました。

先日何かの雑誌を読んでいた時に、「障害者を働かせてくれ」という文章を読みました。誰かの役に立つということがとても大事なことだから、と書いてありました。

OBのおじさんたちも本当は仕事をしていたらもっと生き生きした顔をしてるんじゃないかと思いました。


そして人には2種類いることもわかりました。

「この前の旅館のほうがよかった」とかずーっと不平を言っている人と、これはこれで楽しもうという人。


なんか世の中の縮図を見ているようでした。


そんなこんなで、いろいろと学びのある旅行でした。

私は今のんきに旅行なんか行ってていいのかなと思い、何か学ばなければという気持ちが強かったからです。

やっぱり目的を持つって大事ですね。


<a href="http://www.blogmura.com/"><img src="http://www.blogmura.com/img/originalimg/0000084353.jpg" width="175" height="175" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a>



今日は山口県をあちこち周ってました。ガイドさんが吉田松蔭の話をいろいろしてくれました。志高い人の話はとても励みになります。奇跡的に雨に降られず見学できたということは、今日の見学地からいろいろ学びなさいという、神様からのメッセージだったのでしょう。帰ったら松蔭先生の本も読んでみようと思います。

昨日に引き続き、今日もセミナーに行ってきました。

タイトルがとても惹かれたからです。「おつとめ女子がドラッカーを読んだら」というタイトルでした。


内容を聞いていて、また気づきがありました。


私は半年前に同じ講師のセミナーに行きました。前回は「おつとめ女子が稼ぐ力をつけるには」というような内容でした。

その頃の私は、空っぽの頭が満たされていく心地よさを感じながら聞いていました。


でも、今日はちょっと違いました。

新しい発見はちょっとだけだなとか、彼女も私を同じ考え方をしているんだ、とか思ってました。


誤解しないで下さい。講師がダメというのではないのです。

彼女はとても話が上手で、とても引き込まれるタイプです。

これはとても見習いたいと思います。


でも、私がそのように感じたのは、私がこの半年間で頭を満たしてきたからだと思います。


私は本当は何をやりたいのだろうとか、何が好きだろうとか、いろいろ考え、いろいろ本を読んできた結果、講師である彼女に追いついたんだと思います。


半年で変わるもんだな、と実感した時間でした。




ブログランキング・にほんブログ村へ

私もそのうち、PRしていかなければいけない日がくるので、どのようにアピールしていけばいいのか聞きに行ってきました。


プレス用の文章の書き方は、タイトル・リード・本文・・・あれ?

私がいつも会社で製作している社内報の作り方と一緒だ。今の仕事は全く私の本職と関係ないと思っていたけれど、思わぬところで結びついた。


私は知らないうちに世の中に発信していく文章の形を学んでいたんだ。


それに気づいただけでもいい学びだったかも。

もう少し今の仕事大事にしよー。


それから、Yahooとか、グーグルがいかに活用できるツールかも説明してくれました。

これらの「ニュース」に記事を採用してもらうには、新聞を活用すること。


それから、専門誌を探すサイトを利用して、これだ!と思う専門誌に広告なり記事を載せてもらう。


などなど、具体的な方法をいろいろ教えてもらいました。


早速活用していこうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

天律の時代が来た! 生き方の原理を変えよう/船井 勝仁
¥1,680
Amazon.co.jp


そうなのよ!私が目指しているのは、こういう国を作ること。


何でも人任せの他律でもダメ、自分が自分がの自律でもだめ、天の声を聞き、人のために生き、みんなが幸せな世の中を作ること。それこそが、個々の使命。


もうそういう世の中の突入していると。


私の価値観は間違っていないなと思った本。

ブログランキング・にほんブログ村へ

この前名刺を作ったので、名刺入れを買った。


ちょっと前に「印伝」というブランドを知った。

山梨の老舗。

鹿革に漆で模様を入れている。品質とか技術は超一流で、ヴィトンとかエルメスに引けを取らないのに、ブランドの売込みが下手だから安く買える、と何処かの雑誌に書いてあった。


今日、商品が届いて触ってみたら、ほんとに滑らかで、飾りもこんなに細かいのによく作ったわね、という日本の匠の技術を感じる商品だった。


赤い革地に小桜模様で、とってもかわいいの。

これで4,500円だった。絶対安いと思う。


ずっと大事に使おう。

あと10年、20年たったときに「私はここから始まったんだ」と思えるように。



ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は震災から半年で、ニュースで何度もサイレンの流れている音がしていた。


半年もたつのに、まだ8万人も避難生活をしているという。

がれきは結構撤去されていても、職に困っていたり、目に見えない被害はまだまだ大きいといっていた。


我々がテレビで見ただけでもそれは充分伝わってくる。


なのに、国会のおじさんたちは何をやっているのだろう。

失言って・・・人として問題があるだろう。

与党も与党だけれど、それをいちいち上げ足取る野党もひどい。

もう国会なんていらない。


政治家は何のために政治家になるのだろう。

収入も不安定なのに。

地位と名誉だけのためにやってるのかな。


私は常々思うけれど、政治家には政治家になるための教育機関が必要だろう。松下政経塾のような。

どんな企業だって新入社員研修がある。

でも今の政治家は主義主張すらない素人がいきなり政治家になる。それは間違っている。

だから、力のある政治家の傘下に入るしかなくなり、派閥が生まれていくんだ。


国民一人の力は小さくても、みんなで言っていけば国を動かせる。

民主党に政権をあげたように。


ブログランキング・にほんブログ村へ

みんな、少しずつでも自分の思い発信していきましょう。





最近、「経営者なの?」と聞かれることが何度かあった。


自分では気づいていなかったけれど、そういう視点で考えるようになっていたかもしれない。

いずれ独立するから、独立するためには事務所どうしようとか、経理処理どうしようとか、集客とか、一般社員では考えないことをいろいろ調べたり、聞いたりするようになった。


今勤めている会社も、いずれ辞めるつもりだから、一歩引いて見ている。それが却って全体が見えたりする。


思考は行動を変えていくものだな~と実感した。


ただ、今日師匠に、「明日からでも独立していいわよ」と言われたのだが、そう言われるとまだまだ私は具体的に何も考えきっていないなと反省した。


明日からでもできるくらいもっと具体化しなければ次の段階に進めないのだ。


それが分かっただけでもちょっと前進したかなと思った。

ブログランキング・にほんブログ村へ

誰のメールだったか覚えていないのだが、素敵な言葉が載っていた。


3日続ければ思考が変わり、

3ヶ月続けると習慣となり、

3年続けると自信になる。


本当に成功している人は地道にコツコツやっている人がほとんどだ。

コツコツ続けることが一番の自信につながるのだ。




ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は、役者をやっている友達がシェークスピアの「ベニスの商人」をやるというので、観に行ってきました。


私はミュージカルとか歌舞伎とか観に行くのが大好きでよく行っていたのに、最近は全然行ってなかった。

きれいなもの、楽しいものを見て感動するって大事なことなのに、そしてそこからいいアイデアが生まれることだってあるのに、ずっと左脳的生活をしてて忘れてたな~と、ちょっと反省。


お芝居が終わってから友達に「あれはどういう意味だったの?」とかいろいろ質問をして、「もっと感覚的に観なきゃ」と言われ、あぁすごくサラリーマン的な脳になっているなと思った。


今年は旅行も1回しか行けてないし、俳句も全然作れてない。

もっと芸術家の脳を作らなければ・・・


自分が先ず楽しく生きていなかったら、お客さんは安心して仕事を任せてくれないだろうな、と思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

とあるグループの一人が起業するのでお祝いをしようと盛り上がっていた。趣旨に賛同する方はメーリングリストに入ってください、と案内が来た。


私は大して仲良くない子だったので(というか、ぶっちゃけ嫌いだったので)、まぁいいっかと思って参加しないでいた。


先日、このグループの勉強会があって、私がいないと勉強会が進められないというので、時間をやりくりして参加した。


そしたら、途中からこのお祝い会の準備会に切り替わり、いろいろ手伝いをさせられ、お金まで巻き上げられた。


だまされた・・・・


私は「困る」というから善意の気持ちで参加したのに、な~に、それ。

やり方が汚くない?


だったら、最初から全員参加って言えばいいじゃない。


私はそういう人間が嫌いです。


最近一生懸命ネットワーク作りしているけれど、人付き合いについて考えなければな~と思いました。



ブログランキング・にほんブログ村へ

本当は今週末から起業塾に通うはずだったんです。


でも、先週面接があって、そのとき言われたことがどーしても納得がいかなかった。


・ターゲットは絞らなければいけない。

・まず成功ありき

・ロジックが必要


松下幸之助さんはそんなことを考えて起業しただろうか。孫正義さんはそんな気持ちで起業しただろうか。


私は、もっと日本をよくしたい、その気持ちが先にありきだな。

どーして、ターゲットを絞らなければいけないのだ。私に救いを求めてきてくれるなら、日本全体をよくしたいならみんな受け入れてあげればいいじゃないか。


きっと事業計画の立て方とか、上記のような考え方を押し付けられるんだろうなと思ったら気が重くて辞めてしまった。


今こういう方法論が普通かもしれないけれど、成功者は決してこんな考え方をしていない。

それはお客さんの立場から考えてみればよくわかると思うんだけど。お客さんのことより、自分の成功を先ず考えている人に果たして仕事を頼むだろうか。


・・・ただ、ココの組織は、単発では面白い講座やっているので、それだけ参加しようと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ

今までずーっと会社の名刺しかなかった。


最近あちこちセミナーに出かけて新しいお友達と出会っても、「つまらない名刺だけど・・・」と、本当につまらない名刺を出していた。


会社の名刺の減りは早くなるし、いいかげん怒られる・・・・早く作らなければ、と思っていて、やっと作りました!


私が利用したサイトはこちら。

デザイン百貨店。

https://www.creators-design.com/login/


いろんなデザインの中から選ぶんだけど、そのデザインを自分で自由に編集できるのでとっても便利。


中には、裏面を企業広告にして無料で作成というのもあるらしく、今回は一応有料で作ったけれど、2000円くらいでできちゃった。

毛筆バージョンにしてみました。


まだ起業したわけじゃないから、たまごはたまごらしい料金でいいや。


もうすぐ届く予定。ワクワク



ブログランキング・にほんブログ村へ

最近、起業家の人たちに仕事を頼んだり、問い合わせをしたりすることがあるが、2,3週間平気で回答が返ってこない。あるいは、すっとぼけられることすらある。


「これだから中小企業は・・・」と思われても仕方がない。中にはきちんと仕事をしている中小企業の人たちもいるのに、全体のイメージが下がってしまう。


彼らは決まって「信用が大事だから」と言って株式会社化しているのだが、「信用」って一体何なのだ。個人相手だったらテキトーに流していいと思っているのかな。


今はそんなの当たり前だよ、という人もあるだろう。

でも、それは当たり前であってはいけないのだ。


お客様を大事にしない企業は絶対滅びる。


起業するのは簡単だけれど、

反面教師にしなければと思う。


ブログランキング・にほんブログ村へ

今日はNLPのメンバーで勉強会だった。


とあるメンバーから、「最近落ち込んだり、イライラしたり感情の起伏が激しくて困っているが、この対処法はないか」というお題が出された。


みんなそれぞれ自分の対処法を発表した。


1.何でイライラしてるのか、自問自答で徹底的に探る。

   相手のせいでイライラしていたと思っていたが、実は自分自身の中にイライラの原因があったことを突き止 

   めた。

2.お掃除をする。

   身体を動かすといつの間にかイライラが消えた。

3.とりあえず、笑う。「幸せだな~」と言う。

   行動心理学的にいうと、行動がまずあって、感情を引き起こす。だから、笑えば楽しいことが起こる。

4.自分探しをする。

   自分が本当にやりたいことを見つけると、心が外向きになるので、落ち込んだりしなくなる。


というような回答が出されました。


みんな集まるといろんな知恵が出てきて勉強になるな~。


ブログランキング・にほんブログ村へ

facebookに友達が素敵なことを書いていた。


今日、虹が出ていたんだって。それを見て、

「昔、虹の根元には宝物があるって物語を読んだ」って。


何かとってもほっこりした気持ちになった。


だって、これを書いていたのは男の子なんだもん。

男の子が、昔読んだ物語を今も覚えていて、こんな風に書けるって

なんかいいな~


そういえば、私の知り合いにもう一人可愛いことを言った

男の子がいた。


「僕、七夕の日には金平糖食べると思ってた」って。


男の子って、ロマンチックでいいな~

こういう穢れてない男の子、どんどん増えて欲しい。






ブログランキング・にほんブログ村へ

もし松下幸之助とドラッカーがマネジメントで勝負をしたら?/大西 宏
¥1,575
Amazon.co.jp


私は今まで松下幸之助さんの本を読んだことがなかった。何となく立派な人だとは思っていたけれど、私が目指すのはまさにこういう方向じゃないか!と嬉しくなった。


起業しようと思うと、ついついこれくらい収入がないと苦しいなとか、こうしたほうが儲かるんじゃないかとか、ギラギラしたことを考えてしまう。


本末転倒だ。お客さんのためにやった結果が利益じゃないか。


起業を思い立った頃、そう思っていたはずなのに、いつの間にか自分の軸が揺らいでいた。この本を読んで目が覚めた。


ドラッカーさんと幸之助さんが結構似たような考えを持っていて、同時代を生きてきたのはきっと偶然じゃないんだろうな。

神の意思みたいなものを感じる。


とっても面白い本でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ

Author:阿部もも
5月6日生まれ B型 北海道函館市出身。

セラピスト・ライター
キャリエンジョイ代表 / ファイナンシャルプランナー(AFP) 

約20年間の商社勤務を経て独立。

中東貿易担当の頃はUAE・バーレーン・クウェートなどの中東諸国への日本食供給に従事。大好きな英語を使い、貿易業務やアラビア語を習得し、忙しいながらも働きがいのある充実した毎日を過ごす。
保険営業時代には、個人・法人ともお客様の悩みに一つ一つお応えするカウンセリング型営業を得意とし、850件の大量受注にこぎつける。

長年働き続けるうちに、お客様置き去りの営業、管理部門からの締め付け、上司―部下間のコミュニケーションなど「会社ってこんなに我慢するところだろうか」と疑問を持つようになり、様々なセミナー・勉強会に参加。
世の中の多くの会社員がいろいろ悩み、我慢し、会社に耐えていることを知り、自分の働き方・世の中に果たす意味について本格的に考えるようになる。

「もっと楽しく働く」を提唱していくのが自分の使命であると考え、「キャリアをエンジョイする」という思いを込めたキャリエンジョイを立ち上げる。

俳人という立ち位置から、カウンセリング、コーチング、ワークショップなどを展開。


俳人(未来図同人)
LABプロファイルインストラクター/トレーナー
NLPプラクティショナー
心理カウンセラー
心理テストライター
ヒプノセラピスト


<他ブログ>
ほわ~っとできる今日の俳句 http://abemomo2000.cocolog-nifty.com/blog/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。