*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私は基本的に今の会社が好きではないが、これだけは気に入っている。


退職セレモニーだ。

定年退職する人をみんなでお祝いしてあげるのだ。


今日で11月が終わりだったので、一人退職者がいた。

3時過ぎにみんなでフロアに集まって、社長から挨拶があり、花束が渡され。


そして、本人から一言。

もう半泣き状態でした。「泣かないって決めてたんだけど・・・」

彼はIT部門一筋で40年以上も頑張ってきた人で、この会社を離れるのが寂しいといってました。


そして全員で記念写真。


退職者は「もう仲間じゃない」みたいな感覚で、急にそっけなくなるところも多いと思うけれど、

「お疲れ様でした。今までありがとうございました」って言ってあげるのって、とってもいい習慣だと思う。


これは、前社長が始めた習慣。

もしかしたら彼は偉大だったのかもしれない。



よかったらポチッと


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

強運を呼び込む51の法則/本田 健
¥1,260
Amazon.co.jp


運がいいかどうかは自分次第。成功できるかどうかということと結局似てる。


自分でチャンスに気づけるかどうか。

いい仲間に恵まれるか。

いろいろなことに感謝できるか。


私はわりとコツコツやるタイプなので、「運がいい」と片付けられるのは嫌だった。

でも、運も結局自分の努力次第なんだとわかると、なんか努力が報われた気がした。



よかったらポチッと


ブログランキング・にほんブログ村へ

アラブ人だけらしいけれど、結婚すると家がもらえるらしい。
さらに、光熱費はタダ。たしか、税金もなかったんじゃなかったかな。

車窓から街を見ていると、立派な一軒家がたくさん並んでいる。
え・・・あれをタダで。

私もアラブ人と結婚するともらえるのかぁ~とちょっと考えた。
こんなに暑くなかったら移住するかもしれない。


ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は大学時代のサークルのメンバーで同窓会でした。今年は卒業20周年なので、20年ぶりというメンバーも中にはいました。


でも、みんな全然変わってないの。見た目も心も。


私たちほんと仲良しだったんだな~って、昨日改めて実感しました。


メンバーの中には、卒業してから「オレやっぱり医者になる!」って、がんばって医学部入りなおして本当に外科医になった人もいて、近況報告のときに「よ!ヤブ医者」とか合いの手が入ったりするんだけど、それって、みんながお互い信じ合ってるから何でも言っていいや~みたいな感じなの。


そして、逆に仕事がうまくいってないメンバーとかもいて、昨日は来なかったんだけど、「来ればいいのになぁ」って、心配して。


普段会社にいると、肩書きとか学歴とか、そういうつまんないことで人を差別する人たちがいるけれど、ここはそんなの取っ払いで、ただ「だって仲間じゃん!」というだけでつながっている集まりで、とっても心地よかった。


メンバーの子がFBにコメントを書いていた。「本当に思ったことを何でも話せるのはここだけ」って。

私も同感って思った。


3500円飲み放題を1時間延長して、4時間もねばった。

本当に学生みたいな飲み会だった。


「いいかげん大人なんだから来年は5000円に上げようぜ」ってことで、早速来年の日程も決まってしまった。

よし、来年は「私、独立しましたー」って言えるようにがんばろう。



よかったらポチッと




ブログランキング・にほんブログ村へ

「吟行」というものがある。俳句を読むために出かけるのだ。


でもどこでもいいというわけではない。俳句のネタになりそうな、風情があるところ、
歴史的な場所、美しい場所など。


俳人は一般の人が来ないような場所もよく知っている。

今はかなり有名になった「風の盆」も俳人たちが見に行ってだんだん有名になってきた
ひとつ。
 

だから俳人と旅をすると、いい場所が混雑しないうちに見ることができるのだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ

9割夢がかなう宝地図の秘密/望月 俊孝
¥1,680
Amazon.co.jp


望月俊孝さんがやっている「宝地図」、作ってみました。


本当は昨日作ろうと張り切って画像を探し出したのだけれど、家のプリンターはインク切れで、そもそも解像度があまりよくなくて、せっかくの写真が台無しになってしまいました。


今日会社のプリンターで印刷して、急いで帰ってきて早速作りました。


やってみるとほんと楽しいです。


私がいつも座っているテーブルの目の前に貼ってみました。

何度眺めてもいいわ~


どれから叶うかな~



よかったらポチッと


ブログランキング・にほんブログ村へ

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣/神田 昌典
¥1,365
Amazon.co.jp


先日、この本を読んでいて、神田さんは、たくさん稼いで、たくさん世の中のために
還元したい、というようなことが書いてあった。

たしか私はちょっと前にこのブログにそんなことを書いた気がする。
その時はもちろん、神田さんがこんなことを言っているなんて知らないで書いていた。


え、私は神田さんと同じ考え方をしていたのか。
・・・まだまだレベルが違うとはいえ。

そう思ったら嬉しくなった。
方向性は間違っていない、と確信が持てた。

そして、この本を読んでいて思った。
やっぱり、私はもう少し「意地」を持たなければいけない。

世に出ていくまでの弾みをつけると言おうか、
飛行機が飛ぶまでの異常な加速。あれがあるから、ふわっと飛ぶことができるんだ。

私はどんなことをして加速をつけようか、そんなことを思った。

よかったらポチッと



ブログランキング・にほんブログ村へ

アブダビからドバイまで100数十キロあるだろうか。
みんな飛ばす飛ばす。平均速度140キロだった。

それ以上に飛ばす車がざらにいる。

何気なく隣のレーンを見ていたら、追い越しをかけようとしている車の前の車がどい
ている。
いつまでもどかないと、「ブー」と後ろから鳴らされるのだ。
まるでアバヤの女性のように「ほら、道空けなさいよ!」という感じ。

日本人の感覚だったら、追い越したいなら勝手に追い越して行けよ、と思うけど。
「遅くてすみません」という感覚なのかな。

スピードは速すぎるし、車の中ではインドミュージックが流れっぱなしだし、
寝てしまえば楽だけど、この見慣れない景色を存分に楽しみたいし、
気持ちをどこに置いていいのかよくわからなかった。


ブログランキング・にほんブログ村へ

Facebookとかブログに載せる写真が何もなくてずっと困っていた。
ちゃんと写真が撮りたいなと思って写真館を検索してみたけれど、
いまいち、「これ」というのが見つからなくて、そのままにしていた。

先日、友達がfacebookで「フォトコーチングを受けてきました」という記事を載せて
いた。
その写真の出来栄えがすごくよかったのだ。
「君はこんな笑顔を隠していたのかい」というくらい、今までのイメージと全然違
う、
とてもいい表情をしていた。

私は「これだ!」と思って、早速参加してみた。

昨日のコースは2部構成になっていた。

最初は、笑顔レッスンで、まいまい先生が笑顔の効力についていろいろ教えてくだ
さった。
笑顔になると、いいホルモンがたくさん出るので、病気にもなりにくくなるし、感情
もコントロールできる、
幸せな気分でいられる、小顔になる、などなど。

それから、顔の筋肉をほぐすレッスンをした。
ほんの15分ほどだったのに、顔が疲れた。

そして、その後、撮影会。
顔の筋肉がほぐれたおかげか、「え、私こんなにいい顔してたの?」というくら
い、いい顔してた。
自画自賛!

カメラマンさん3人にいろいろとってもらいました。
昨日は運のいいことに冬とは思えない陽気だったので、外ロケもやっちゃいました。
ちょっと紅葉しかけの緑をバックに、ベンチに座って、ベランダに出て、などなどい
ろいろな場所で撮ってもらいました。

カメラマンさんは一瞬で「その人らしさ」を見抜くらしく、
3人とも、私は「かわいらしい路線」と言いました。
かっこいい写真とかも撮りたいって言ってみたけれど、全然カメラマンさんが乗り気
でないのがわかりました。
「お前、自分が解ってないな~」みたいな。

その後は、参加メンバーたちでスペイン料理を食べに行きました。
ズワイガニのパエリアとか、おいしかったですぅ。

昨日撮った写真は編集してもらって、12月に入ってから、送られてくる予定です。
楽しみ楽しみ。

たしか、このコースは毎月やると言っていたような。
こちらでご確認ください。

http://ameblo.jp/one-piece-dreams/


よかったらポチッと


ブログランキング・にほんブログ村へ

おととい、会社のメンバーで飲み会だった。


意外とみんな「自分の意見」というものを持っていて、びっくりした。

もっとのんびり生きてるのかと思っていた。


・・・なんでそう思ってたんだろう。


やっぱり行動に移していないからだ。


いろいろ考えたり、疑問に思ったりする。

 でも、サラリーマンだし

 でも、所詮理想だし

 でも、時間がないし


それは、外から見たら「何も考えていない」ことと同じなんだとわかった。


自分も行動に移さなければ、人からは何も考えてない人に見えてるんだ。



よかったらポチッと


ブログランキング・にほんブログ村へ

俳句をやるような人は文化人が多い。その道で「先生」と呼ばれる人がたくさんいる。


でも、句会では句のできで評価されるから、職業上の肩書は全く関係ない。
偉い人ともフラットに話ができる。

そういう人はたいてい俳句以外にも趣味を持っていて造詣が深い。
とても興味深い話をたくさんしてくれる。


図書館で調べるよりよほどいい。


ブログランキング・にほんブログ村へ

最近、facebookにいろいろ投稿するようになった。

熱心に投稿している友達がいて、いつもいい内容のものを送ってくれるのだ。
きれいな写真、イベント情報、感動した本、などなど。

思わず「ありがとう」と思う。

そして、思った。私も、真似しよう。
人に喜んでもらえるものをたくさん流そう。
自分で探さなくたっていいんだ。いいものをシェアさせてもらえばいいんだ。
そうすれば、いい記事はどんどん広がっていく。

そう思ったら、投稿に躊躇などなかった。
そして、たくさんの人が「いいね」を押してくれるようになった。
嬉しかった。

さらに、「今日はどんないい記事送ろうかな」と
自分が一番ワクワクしていることに気づいた。

人のためになる仕事をするってこういうことなんだろうなと思う。

人に喜んでもらって、自分も楽しくて、
そしてそれがお金を頂けることだったら、その稼がせてもらったお金を
世の中に還元して、また人のために役立てることができる。

facebookは、ほんといろいろなことを学ばせてもらってるな~

ザッカ―バーグさん、ほんとにほんとにありがとう。


よかったらポチッと


ブログランキング・にほんブログ村へ

この前、facebookで中学時代の友達を見つけた。
お友達リクエストを送って、「見つけてくれてありがとう」
と言ってもらえて、嬉しかった。

その後何度かメッセージのやり取りをした。

今は地元に帰り、自分で事業を始めたそうだ。
仕事は順調らしく、自分のことのようにとても嬉しかった。

そうなのだ。昔から知っている友達は、
もう家族の感覚なのだ。

新しく知り合った人とつながるのももちろん楽しいけれど、
旧友には、また違った楽しみがある。

「あれから何してたの?」という空白の時間があって、
でも、それを一気に埋めることができる。

「お互いがんばろうね」と言うと、本当にがんばれそうな気がする。

facebookって実にいいな~と思った。

同窓会のように、集まるべくして集まった時よりも、
「偶然」見つけた嬉しさがあっていい。
ザッカ―バーグさんに感謝感謝!


よかったらポチッと


ブログランキング・にほんブログ村へ

スーパーで陳列棚を見ていたら、棚と私の間をアバヤ(黒装束)を着た女性が通り過
ぎていく。
わざわざ人の前を横切るなんて失礼な!と思っていたら、アバヤの人たちはみんな
平気で人の前を通るし、レジにも割り込んでくる。
道を歩いていてもアバヤの人がくると、まるでお殿様が通るときのように、サーっと
道が開ける。

アバヤの女性が人の駐車場に車を停めていたので文句を言ったら、裁判で負けたとい

話を聞いたことがある。

イスラムの教えで女性は大事にしなければいけないらしい。
でも、大事と傍若無人は違うだろう・・・・

イスラム教者ではない私はどういう扱い何だろう?
この国もシートベルトを締めなければいけない、という規則があって、
男性陣には「早く締めろよ!」と厳しく注意していたけれど、
女性である私は「締めろ!」とは決して言われなかった。試しに締めないでいたけれ
ど、
何も言われなかった。

むしろ、「締めろ」と言ってもらった方が大事にされている気がするけれど。


ブログランキング・にほんブログ村へ

この前、facebookのアプリを試していて気がついた。
それは、「徳川15代将軍の中で、あなたはどのタイプか」というアプリだった。
最初に出てきた答えが、誰だったか忘れたが、「天下を取る確率40%」だった。
気に入らなくて、もう1回チャレンジした。
家宣と出た。「地味だけど・・・」と書いてあって気に入らなかった。
何度かやったけど、ずっと気に入らなかった。

別のアプリがあった。「動物占い」だった。
やってみた。
私は「冬眠中の牛」だそうだ。
嫌いじゃなかった。
目覚めたらすごそうだから。

そして、「あなたをIT用語にたとえたら」というアプリをやって、困った。
「あなたはアドビのようですね」という答えだった。
褒め言葉なのか、よくない意味なのかわからなかった。

そうだ。私は自分が褒められることを望んでいるのだ。
そういえば、雑誌の占いはいいところしか信じない。

そして最近自分の事業計画を立てたりしていて、
占いを見ていないことに気づいた。

忙しかったからだけではない。
自分で「こういうことをやっていくんだ。それが私なんだ」と決めたらから、
人から「あなたはこういう人だ」と言ってもらわなくてよくなったからだと思う。

自分で気づいていなかったけれど、
知らない間にセルフイメージが上がっていたのではないかと思った。


よかったらポチッと


ブログランキング・にほんブログ村へ

土曜日に「妖怪人間ベム」をやっている。


私は子供の頃アニメ版を見て育った人間なのでなつかしい。

・・・昔はああいうおどろおどろしいアニメがあったなぁ。


そして、この実写版はただの妖怪ものと思うなかれ。

私は結構感動しながら見ている。


「同じ人間同士なのに、なんで憎しみあってるんだ」

人間であるだけで、ありがたいと思え。

彼ら妖怪の思いは、私たちがいつも忘れているものを思い起こさせてくれる。


ほんとうにそうだなぁ。


私たちにとって本当に大切なものってなんだろう。

生きるってどういうことなのだろう。


ベムの一言一言が突き刺さる。


・・・亀梨君が言うからかなぁ。


昨日は、カレーライスをおいしそうに食べているベムの福君がほんとうにかわいかった~



よかったらポチッと


ブログランキング・にほんブログ村へ

ちょうど1年前、フォトリーディングを習いに行った。


あれからたくさん本を読んできた。

数えてみたら140冊くらいになっていた。


ちょっとした達成感。


図書館から借りているのがほとんどなので、返却日を守らなければいけなかった。

それがよかったかもしれない。

いつまでに読まなければ!と思うと気合が入る。

人気がある本は予約が入っているので、延長ができない。

読まないで返すなんてできない・・・

そういう、ちょっとしたハードルがよかった。


継続は力なりって本当だなと思う。


本を通していろいろな情報が入ってくると考える癖が付く。

考えると、それをいろいろ行動に移しやすくなる。


1年前、私がブログをかいたり、名刺を作ったりなんて

遠い将来のことだと思っていた。


あの頃、何か目的があって読んでいたわけではなかった。

とりあえず、何をしたらいいか分からないから本を読もうと思った。


そんなことからちょっとずつ始めていくのって大事だと思った。



よかったらポチッと


ブログランキング・にほんブログ村へ

歳時記を見ても知らない言葉はたくさんあるが、人が作った俳句を見ていると
知らない言葉がたくさん出てくる。


しかも、とても美しい言葉だ。

日本にはこんなに美しい言葉があったのかと、そこでも感動する。


・・・だからといって、日常会話や業務報告に使える言葉ではないのだが、
気持ちにゆとりができる。

ブログランキング・にほんブログ村へ

独立した先輩のブログを久しぶりに見たら、「プロ」のブログに変わっていた。

すごく見やすいし、分かりやすいし、自信に満ち溢れている感じ。

内容も専門的な内容をたくさん書いていた。


あ~、引き離されちゃった~という感じ。


でも、これで私はまた目標ができた。


私も早く、こういう素敵なブログが作れるようになろう。

今はひたすらコンテンツ作り。



よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

決定版 知れば知るほど面白い!論語の本/著者不明
¥1,365
Amazon.co.jp


孔子が言っていることは、最近読んだたくさんの成功法則本と同じでした。


本当に正しいことはいつの時代も変わらないということなのでしょうね。

そして、いつの時代も人から支持されるということなのでしょう。


この本も、自分がどうなりたいのかというビジョンを持ってから読んだほうがすーっと入ってきます。


図説もあってとても読みやすかったです。



よかったらポチッと


ブログランキング・にほんブログ村へ

ネットで簡単に稼げてしまう商売がある。

ほとんどの人は「胡散臭い」と思っている。


楽して稼ぐのがいけないのだろうか・・・


そうじゃない。

人のふんどしで相撲取ってるのがよくないのだ。


例えば、アフェリエイトで提供するコンテンツを作った人はいいと思う。

そして、アフェリエイトというビジネスモデルを最初に作った人もいいと思う。

自分の能力・アイディアを使っているから。


でも、それに乗っかってマージンもらっている人というのは、何か努力したのだろうか。


ギリギリ、稼ぐことに何か目的があればいい。

例えば、これで儲けたお金を人助けのために使いますとか。


ただ自分が楽したいから、という目的でやっているのは賛成できない。


確かに経済的安定があれば、仕事に専念できる。

でもこのやり方は、安定と同時に違う不安定要素を抱え込んでいる気がする。


成功者はみんな、真面目にコツコツ努力している。


よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

10年前私がUAEに行った時にはバスとか電車がなかった。
移動手段はマイカーかタクシーのみ。

道を渡ろうと中央分離帯に立っていると、タクシーがみんな「プッ、プッ」と鳴らし
ていく。
「邪魔じゃないでしょ!」とイラッと思っていたら、タクシーの運転手たちは「ど
け!」と怒っているわけではなく、
みんな「乗らない?」みたいな顔でこちらを見ているのだ。

どうやら、この国では「見込み客」と見なすと自分から積極的にアプローチするらし
い・・・

日本で、同じ動作でヤンキーの兄ちゃんが女の子をナンパしてるの見かけたことがあ
るけど、
この国ではれっきとした商行為らしい。

う~ん、私はちょっと慣れなかったな。



ブログランキング・にほんブログ村へ

7つの習慣/スティーブン・R. コヴィー
¥2,310
Amazon.co.jp


この本が出たばかりの頃、本屋でパラパラとめくって、「何だ、当たり前のことしか書いてない」と思った記憶がある。


でも、世間ではすごく評判がいい。今年になってから、ちゃんと読んでみようと思い直した。

今日、やっと図書館から借りて読むことができた。


読んでみて、やっぱりいい本だとおもった。


この本が出た2年前、私はまだ「成功とはどういうことか」考えたことがなかった。

今年になってから、成功者たちの本を読んだり、セミナー通いをして、自分なりに成功するとはどういうことか考えるようになった。


そしてこの本を読んだらすごく腑に落ちたのだ。


私は思った。本当にいい本は、本を読むほうにある程度の経験とか知識がないと読めないものなんだと。

読める時期というものがあるんだと。


本の内容ももちろんよかったけれど、そういう気づきを得られたことも大きかった。


この本は、1度といわず何度も読んでみたい本だ。ちゃんと自分用に買うことにした。



よかったらポチッと





ブログランキング・にほんブログ村へ

今日は銀座に髪を切りに行った。


美容師さんが「もうルミネ行きましたか?」って聞いたので、そうだったと思い出し、帰りがけに寄ってみた。

恐ろしい人だかりだった。


どおりで三越は空いていたはずだ。


私は思った。やっぱりお金を使うことって大事じゃないかと。


私は稼ぐ能力がある人はどんどん稼げばいいと思っている。

そして、稼いだお金をどんどん世の中に還元していけばいいと思う。


お金を稼ぐことは全然悪いことではない。

稼ぎ方と、稼いだお金の使い方がおかしいとき、人は不信感を持つのだ。


世の中を豊かにするために金持ちたちが還元していけるのであれば、誰も悪いと思わないはずだ。


だから、小金持ちは小金をどんどん使えばいい。そうしなければ稼げる人がいなくなってしまう。

お金を使っていくことが、めぐりめぐって社会貢献になることもあるのだ。


お金の使い方が分かっていて使うならば、それは無駄遣いとか悪とは言わないのではないだろうか。



よかったらポチッと


ブログランキング・にほんブログ村へ

句会に行くと1つの句に対してああでもない、こうでもないと
たくさんの意見を言い合う。


それは自分一人で考えていても味わえない世界だ。

人の意見を聞いて初めて、こんな世界もあったのかとか、
なぜ伝わらないんだ、とか様々なものを学ぶことができる。


今の学校教育で育ってきた人間はすぐに○×で判断したがる。

でも、どれが正しいということではなく、物の見方って様々なんだなと
いうことが分かるようになる。


ブログランキング・にほんブログ村へ

これはとってもいいセミナーでした。


第1部は、望月さんのセミナーでした。

ご自身の体験を通して、出版というものが如何にいいことかお話してくれました。


お話を聞いていてビックリしたのですが、日本の半分の人は月に1冊も本を読まないようです。

私のように月に10冊以上も本を読むのは1%しかいないとのこと。

今の時代、本を読むってそれだけで「すごい」ことなんだと思いました。


本って安くて良質なコンテンツがつまっているのに。


望月さんは「宝地図」で有名な方ですが、TIMEの表紙を自分が飾っている画とか、オバマ大統領と会談している画を作ってみせてくれるところが、面白かったです。

私も作ってみよう!


第2部は前田さんのセミナーでした。

「新・家元制度」のセミナーでした。

セミナー講師で終わるのではなく、さらにその上位概念である家元になることを目ざすという思考です。


前田さんは「理念」というものをすごく大切に説明されていました。

理念がなければどんな事業も失敗すると。

まずは理念をしっかり決めて、それから何をどのように事業化していくか。


今日のお話をしっかり復習して、自分のビジネスプランを練りたいと思います。


新・家元制度について

http://sin-iemoto.com/


宝地図について

http://www.takaramap.com/smartsection+item.itemid+48.htm



よかったらポチッと



ブログランキング・にほんブログ村へ

自分の思い通りにならない、それはすごくストレスを伴う。
でも、それが生きるということなのだ。

魂は学びが足りない部分を磨くために、この世に生まれてくるのだ。
生きることは当然ストレスのかかることなのだ。

でもそうすることによって、いろいろな経験を積み、成長して
魂の世界に帰っていけるのだ。

自分が死ぬ時、「楽だった」と感じたら、
それは本当の幸せではないはずだ。
「大変だった。でもいい人生だった」そう思える人生が
幸せではないだろうか。

スピリチュアルな世界は、オカルトや占いではない。
余計な心の病を撲滅する重要な要素だ。

最近行き詰ってるなと感じたら、「生きるとはどういうことか」
について書いてある本を徹底的に読むといい。

絶対に解決できる。

よかったらポチッと



ブログランキング・にほんブログ村へ

自分の棚卸しをしていて、出てきたネタを掘っていったら本が書けそうなくらいあったので、ほんとに書いてみた。


3日間書き続けて、原稿用紙で200枚書いた。

結構書けるじゃん、私。


7年前のことを書いていたのだけれど、書いているうちに当時のことをどんどん思い出す。

まるでもう一人の自分が書いて欲しかったんだといわんばかりに。


書き方を工夫するとこんなに簡単に書けちゃうんだ。びっくり。

内容はともかく、書けるということは自信がついた。


これ、どれくらい使い物になるのか、ちょっと試してみよう。


明日からはまた別のネタで書いてみる予定です。


よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

Author:阿部もも
5月6日生まれ B型 北海道函館市出身。

セラピスト・ライター
キャリエンジョイ代表 / ファイナンシャルプランナー(AFP) 

約20年間の商社勤務を経て独立。

中東貿易担当の頃はUAE・バーレーン・クウェートなどの中東諸国への日本食供給に従事。大好きな英語を使い、貿易業務やアラビア語を習得し、忙しいながらも働きがいのある充実した毎日を過ごす。
保険営業時代には、個人・法人ともお客様の悩みに一つ一つお応えするカウンセリング型営業を得意とし、850件の大量受注にこぎつける。

長年働き続けるうちに、お客様置き去りの営業、管理部門からの締め付け、上司―部下間のコミュニケーションなど「会社ってこんなに我慢するところだろうか」と疑問を持つようになり、様々なセミナー・勉強会に参加。
世の中の多くの会社員がいろいろ悩み、我慢し、会社に耐えていることを知り、自分の働き方・世の中に果たす意味について本格的に考えるようになる。

「もっと楽しく働く」を提唱していくのが自分の使命であると考え、「キャリアをエンジョイする」という思いを込めたキャリエンジョイを立ち上げる。

俳人という立ち位置から、カウンセリング、コーチング、ワークショップなどを展開。


俳人(未来図同人)
LABプロファイルインストラクター/トレーナー
NLPプラクティショナー
心理カウンセラー
心理テストライター
ヒプノセラピスト


<他ブログ>
ほわ~っとできる今日の俳句 http://abemomo2000.cocolog-nifty.com/blog/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。