*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日は遠出して先生の話を聞いてました。

熱い先生なのです。
自分の思いをいつも熱く熱く語っているのです。

だんだん聞いているうちに、
あ、私も力にならなければ!と感じてきます。

自分が思っていることを熱心に何度も語ることって
大事だなと思いました。

ついつい、一度聞いてもらって反応が悪いと、
もういいや~ってなりがちです。

でも、本当に自分が大事に思っていればいるほど
何度も語らなければ相手には伝わらないんですよね。

逆に言うと、一度しか言わないと「お前の思いはその程度なのか」
って思われちゃうんですよね。

昨日はそれを強く感じました。

私もがんばって自分の思い伝えていかないと!


ペタしてね


応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

昨日も大きな地震がありましたね。
私はその時間、仲間と勉強中でした。

本当はいつだって気を付けていなければいけないことだけれど、
しばらく地震がないとついつい忘れてしまいますよね。

いつでもすぐに対処できるように、改めて気を付けないと
と思いました。

日頃から非常食を準備しておいたり、
家具が倒れないように準備したり、
当たり前のことすらできてないなと思いました。

それは地震に限らず、いろんなところでそうなのかなと
思います。

備えあれば憂いなし。
いろいろ見直しをかけたいと思います。


ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


昨日も、セラピー系の学びの日でした。

受講生の一人が質問します。
「先生、それはどうやって調べてるんですか?」
「それは、一人一人やってみないとわからないんです」
「・・・」

え?先生何言ってるの?って思いますよね。

でも、本当はこれが正しい答えなんだと思います。

例えば、Aさんという人に商品を売るとき、Bさんはニコニコしていたら売れたけど、
Cさんはデータを豊富に用意していかないと納得してもらえなかったなんていうこと
ありますよね。

同じ商品を同じ人に売るのでも、人によって攻略法が違いますよね。

そういうことなんだと思います。

クライアントさん一人一人と向き合っていなければ
答えは出ないし、出る答えも一人一人違うのだと。

私たちは、答えは一つという教育になれてしまっているけれど、
これが本当なんだと思います。



ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


テレビで、各界の一流の人たちばかりが出てくる番組をやっていました。

みんな、その道のプロの人たちは、自分にとっての普通を
語っているにすぎないのだろうけれど、
一般人から見るととても魅力的だし、不思議な世界。
ついつい、聞き入ってしまいます。

一流というレベルにまで達すると、自分にとってはどうってことない
話をするだけでも人を惹きつけられるんですね。

それぞれの人たちが、「職業病」を語っていましたが、
一流だからこそ嫌みがないのでしょう。

私には職業病があるだろうかと考えてみました。

・・・・「今日は季語なんだろう」は結構いつでも思ってますが。

そこをもっと増やしていけばいいのかなと思いました。


ペタしてね


応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


俳句でうつ病を治した人がいる、という話を聞きました。

その人は、ツィッター感覚で、言いたいことがあったら
ツィッターよりも短く言う、くらいの軽い気持ちで
俳句を作っていたそうです。

そう、俳句はそれくらいの軽い気持ちでやればいいのです。
5・7・5じゃなくたって、季語がなくたって
全然OKなのです。

自分が思っていること、感じていることを
きちっと言語化して、それをおもてに出すことって
とっても大事なんだと思います。

・・・それに、
俳句だと、怒りもちょっとおしゃれに表現できたりします。
そんな句を句会に出して、みんなに笑ってもらって
スッキリする、なんてことも私はやっていました。

自分の感情と向き合うって大事ですね。


ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


昨日もセラピストの先生の取材に行ってました。

先生、結構感覚的な方なんです。

「先生、それを一言でいうと?」
「ん~、言葉にならないんだよね~」

言葉で表現しなければいけないこちらとしては、
とてもハードルが高い回答です。

しかし、確かにその通りなんです。
自分が思っていることを「言葉」という枠にすべて
あてはめられるかと言ったら、あてはめられないことって
結構ありますよね。

怒っているのか、笑いたいのか、泣きたいのかさえ
わからないときだってあります。

だから人は表現することを怠ってしまうんだと思います。

しかし、表現することをやめると、今度は自分が何を感じているのか
本当にわからなくなってくるのです。

だから、100%表現できなくても、
表現していくことって大事だと思います。

私は毎晩俳句を作っています。
その日あったことを振り返って作っています。
そうすると、その日何を感じていたのか、ある程度感情表現できるので、
次の日の目覚めはばっちりです。

みなさんも、お試しあれ~


ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


昨日は確定申告に行ってきました。

初めての確定申告だったのでドキドキしましたが、
なんとか終えることができました。

あ~、スッキリ!
まるで大仕事やり終えた気分です。

やるべきことをさっさと片付けてしまうと
気持ちが楽ですね、

あとは、やりたいことをどんどんやるのみ!

そして、面倒~と思っていたことでも、一度経験すると
結構「あ、ラクショー」と思ったりします。

まずは、トライあるのみですね。


ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


努力したら努力した分の成果が欲しいと誰でも思うでしょう。
でも、いざチャンスが巡ってきても、なんか尻込みしてしまう。
そんなことってありませんか。

でも、成功者と言われる人は、思い切って飛び込んだ人だと思います。

たった一歩の勇気なんです。
その勇気があるかないか。
あったからこそ成功者になれ、希少価値なのでしょう。

やらないで後悔するより、やってあきらめる方がすっきりする気がします。

私は思い切って飛び込む方を選びます。
だって一度きりの人生なんだから。


ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


アンディ・ウォーホルのマリリン・モンローの絵をご存じだろうか。

私はあれを見たときスゴイ!と感じました。
たった一人のマリリン・モンローをこんなにも表現できるなんて。

アイディアってこういうことなんじゃないかと思いました。
大きく違うことを考えようとするから、え~無理と思ってしまう。

でも、ちょっとずつ違うこと、髪の毛の色を変えてみる、
唇の色を変えてみる、それをいろいろ組み合わせてみる、
そんなことをしていれば、どんどんいろんなものが生まれてくる。

俳句も結構似たようなことをしています。
人と違う視点じゃないと、なかなか採ってもらえない。
だからいつも、ちょっとずつ違うことをしています。

そう思ったら、アイディアってどんどん湧いてくる気がしませんか?


ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


昨日の「ちびまる子ちゃん」見ましたか?

ハッピーノートの話をしていました。
その日あったいいことを書きだすんだそうです。

以前、さくらももこさんの本を読んでいて、
ももこさんの学校では毎日日記を書かせていた、
そのおかげで「ちびまる子ちゃん」が生まれた
という話が書いてあったのを覚えています。

ちびまる子ちゃんが生まれたのはたまたま
ハッピーなのではなく、
毎日ハッピーを意識して過ごしていたから
ハッピーをキャッチしやすい体質になっていたんだと思います。

私は毎日寝る前にその日あったことを思い出して
俳句を作っているのですが、わざわざ嫌なことを思い出さないので、
基本的に楽しい句になります。

かれこれ9か月続いていますが、運気が上がってきた気がします。

みなさんもハッピーノートお勧めです。


ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


昨日の続きになるかもしれませんが、
俳句をビジネスをしてやっていくにはどうしたらいいんだろうと
ずっと思っていました。

先日たまたま編集の方のお話を聞く機会がありました。

企画を作るときには、自分が一番言いたいことと、
全く違う分野のことを掛け合わせるといい企画が生まれる
ということをおっしゃってました。

例えば、すごくマニアックなものが好きな場合
(・・俳句もそうかもしれません)、万人受けする世界、
例えば映画の中でどう使われているか、なんていう視点で描くと
皆に見てもらえる、ということです。

そうか~
そんな風に見せていけばいけるかもしれない。

あとはどんな掛け算をしたらいいかですね。
なんかワクワクしてきました。



ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


私はやっぱり俳句が好きです。

でも、「俳句で食べていけんの?」って言われるのが怖いし、
自分もそう思っていたし、だからなかなか言えませんでした。

それでも、本当に好きなのは何かっていうと避けて通れません。
やっぱりこれで行こうと腹をくくりました。

そうしたら、不思議と次の道が開けてきます。
こうしたらビジネスに繋げるというアイディアをふと聞いたり、
収入確保の話が舞い込んできたり。

本当に好きなことをやりなさいとよく言うけれど、
あぁ、こういうことなのかと思いました。

今までいろんなこと勉強してきましたが、
どんどん整理されてきました。
どんどんスッキリしていくのがわかります。

あとはこの道を深めていくのみです。


ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


昨日はランチ会をやりました。

メンタルヘルスと言葉というテーマだったのですが、
身の回りの事例ありませんか、と聞いていくうちに
お子さんの話になっていきました。

ちょうど中学受験を終えたばかりの子を持つお母さんが
望んでいた学校じゃなかったから心配と言っていました。

それを、もう子育てを終えたお母さんが
自分の時はこうだったとか、心配いらないって励ましたり。

あるいはまた、子供がいじめにあいかけたとか。
その時は親としてどこまで介入したらいいのか悩んだとか。

ランチ会としてはぐだぐだだったかもしれないけれども、
こんな風に気持ちを聞いてあげる場って必要かなって
思いました。


ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


おとといまでびっしり勉強してました。

先生は言葉のプロです。
でも、こう言いました。
「私は、まだ28年しかこの仕事をしていない」

そして、受講生たちの感想を聞きながら
日々プログラムを改善しているそうです。

彼女には様々なことを教えてもらいました。
日常生活をしていると、言葉は切っても話せません。
先生から教えてもらったことは、
文字そのものを使うところのみならず、場所、服装、
食べ物、何にでも応用ができます。

それでも、「まだ28年」なんだ。

極めるということはそういうことなんだ、と思いました。

私もこれから「極め」の時代に入っていきたいと思います。


ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


組織の中にいると「マイペース」というのは悪いことのように
言われます。
実際、私は「企業内自由人」と嫌味を言われていました。

でも、それが私の個性として認めてもらえると何と楽なことか。

そして思いました。

本当は窮屈な思いをしている人たちがたくさんいる。
私がマイペースを貫くことで、「あ、これでいいんだ」と
楽になれる人たちがいる。

だったら、まずは自分がマイペースを貫く。
それも私の役割の一つなのかな、と。

もしかしたら、それは自分という存在だけで
周りを癒していけるかもしれない。

本当は、みんな本来の自分ってそういう存在なんだと思います。
自分にはない素敵な部分をみんな持っているから、
憧れるし、見ていたくなる。

そういう風にお互いを思えたら素敵ですよね。


読者登録してね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


私はプレゼンが大っ嫌いです。
人前に立ってしゃべるなんて、きっと大抵の人が苦手だと思います。

でも、この前、研修プログラムとしてプレゼンをしなければいけない
場面に遭遇しました。

しかも、他のメンバーはみんな普段から研修講師などをやっている
メンバーです。

トップバッターのプレゼンを見て、「げっ、無理~」
と思いました。
完璧です。

だから、私は開き直りました。
「私は研修講師ではない」

私は「私」という立場で話せばいい。
うまく話そうなんて思うから緊張するんだ。
自分の言葉で言いたいことを言えばいい。

結果は大成功。

「あ、みんなこんなに食いついてくれるんだ」

リラックスして話していると、人が見えてきます。
だんだん前のめりになって聞いてくれているのがわかります。
そうすると、嬉しくなってドンドン話せます。

あぁ、これでいいんだ。

本当はプレゼンの型を学ぶプログラムだったけれども、
それは後からでいいかも。
もっと慣れたら自然と身についてくる。
そんな気がしました。


ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


昨日はプレゼンについて学んでいました。

ふつうプレゼンのセミナーとか行くと
王道のプレゼン方法しか教えてくれないのですが、
今日のは、敢えて「攻撃的になってみる」
「無表情になってみる」
いろんなワークをやりました。

タイプを変えると自然と話す内容、スピード、
声のトーンが変わってきます。
やってみるとおもしろいです。

そして、一緒にやっていたお仲間が言いました。
「考えてみると、お笑い芸人って、これらの要素
全部取り入れてるよね」

・・・確かに。

芸人さんって、優秀なプレゼンターなんだと思います。
如何にオーデイエンスを飽きさせないで聞かせるか。
彼らの話し方はすごい勉強になります。

ちょっと視点を変えると、先生ってどこにでもいるもんだなと
思いました。

ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


昨日からまた勉強漬けの日になりました。

久しぶりに逢った仲間たちを見ていて
みんな個性を主張するし、それを認め合うし、
なんかトランプみたいって思いました。

トランプってマークが一緒だったり、数が一緒だったりするけれど、
同じカードは1枚もない。
そして、全部がそろって初めてトランプとしての意味を成す。

数が小さいと弱いかというと、そんなことはなくて、
大富豪でひっくり返ったりする。
ゲームによって強いカードが違う。

組織って本来そういうものじゃないかなと思います。

それぞれの役割があって、
それぞれの個性を生かしていけば、
組織として最高のパフォーマンスをするんじゃないかと。


ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


昨日は竹中平蔵さんのお話を聞いてたんです。
とても興味深いお話でした。

安倍政権がこれからどうなっていくの、
世界経済は、国の財政は。

フンフンと聞きつつ、ついていくのが大変でした・・・

その中で、面白い話がありました。
パナソニック、ホンダ、ソニーなどは、
1人で創業したんじゃない、共同経営者とか片腕となる人がいた。
最近はそういう企業がない。

なぜなのかをたどっていくと、小学校4年生くらいに遡る。
小学校4年生くらいまでは、ビジネスモデルプランを発表してもらうと
とてもいいものが出てくるそうです。
でも、それ以上になってくるとつまらない案しか出ない。

つまり、小学校5年生くらいからお受験が始まり、
友達は敵と教えられるからだというのです。

だから、「一緒に頑張ろう」というのがない。
なるほどです。

私も受験戦争を戦ってきたのでよくわかります。
人間不信になるな~と思います。

今の教育の功罪は大きいなぁ




ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


先日、思い切って断捨離したものがありました。

それから流れが変わりました。
パラレルワールドを渡ってしまった感じです。

何か手に入れたいものがあって捨てたわけではないのです。
ちょっと整理したいと思っただけ。

でも、自分の中にキャパができたからでしょうか。
自然と新しいものが入ってきたのです。

・・・そして、このなんとワクワクすること。

よく本では読んでいました。
欲しいものがあるなら手放しなさいと。
そんなこと何も考えずに手放しましたが、本当に入ってきました。

思い切って捨ててみるって本当に大事ですね。


ペタしてね

応援よろしくお願いします、
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


昨日はとある勉強をしていたのですが、
先生が「星一徹は何回ちゃぶ台をひっくり返したと思う?」
と聞かれました。

私は「毎回」のイメージがありました。

でも、実際には1回しかひっくり返してないそうです。

何が言いたいかというと、人の記憶なんてそんなもんだということです。
全然いい加減。

過去に嫌な思い出があったとしても、勘違い。
だいたい、悪いことは大げさに覚えていて、
いいことは当たり前と思っている。
だから、悪いことがたくさん起こったように記憶違いしている。

そう考えたら、なんかちょっと気が楽になるかも。

過去の自分が幸せであったと思うことは、
これから先の自分も幸せになる第一歩。

私も記憶の書き換えします。


読者登録してね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


最近、俳句好きが高じてホームページまで作り出したのですが、
やっぱり好きなことをやるとパワーが違います。

俳句が絡んでくると、いろいろと持論を語れるし、
調べるのが楽しいし、
ホームページもコンテンツやデザイン、ああしようこうしようって
いろいろアイディアが沸いてきます。

これは趣味だから・・・・

という制限を外したら、どんどんアイディアが出てきました。
こうしたらビジネスにできそうな気がする。
あんなことも、こんなことも・・・

好きなことを考えてるのって本当に楽しいですね。

そこから生きがい、やりがい、自信
いろんなものが生まれてくる感じです。

みなさんも自分の中に眠っている宝、掘り起こしてみてください。
きっと楽しいです!


ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


みなさん、こんにちは。

もっと自分らしく生きたい・もっと学びたい女性のための
ランチ会「ブリリアントウーマン」開催します。

第2クールは「心」をテーマにお送りします。


第2回目は、私が講師となって

「どれくらい知ってる?メンタルヘルスの現状。
 そして言葉との関係」

についてお話します。

意外なことが心のSOSだったりします。
こんな言葉を使う人はストレスをため込みやすい、
言葉の力で解決していこう、などお話していきます。

ちょっとでも興味を持ったら、ぜひ参加してみませんか?
おいしいランチ代のみで参加できます。


参加費:1,500円(ランチ代のみいただきます)
場 所:恵比寿(お申込みいただいた時にお知らせします)


参加ご希望の方は、12日までにお問合せフォームよりお申込みください。
よろしくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

昨日はFPの勉強の一環で、偉い先生のお話を聞きに
行ってきたんです。

お二人の先生がいて、それぞれ全然違うテーマでお話
されたんですけど、共通していたのが、
「高齢者が健康であることが、とっても大事」
ということでした。

お1人目の先生は、
「高齢者が、この国のために少しでも自分が貢献している
と感じられれば病気にならない。そうすれば、医療費を削減できる」
ということを話してました。

お二人目の先生は、
「少子化ということが言われていますけれども、親の介護を
しなければいけないことを考えると、2人目が欲しくても産めない
という現実があります」
ということを話されていました。

年をとっても健康であれば、これらの問題が解決できるんです。

ちゃんと自分のやりがいを見つけて、下の世代も
やりたいことやってもらえるように、みんなが考えていかないと
いけないですね。


ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


昨日はセラピストさんたちとアートセラピーのワークをやっていました。

6人で一つの絵を作り上げていくのです。

例えば、人が偶然に書いた線をもとに絵を描いていく。
でも、それは自分の求めていたものだったりする。

集合無意識は深いところでつながっているんですよね。
自分でもわからないところで、ちゃんと相手の脳を
キャッチしてるんです。

それをまざまざと実感しました。

そして、6人で作り上げた絵から出てきたキーワードは
「人々を潤す」でした。
さすが、セラピストたちです~

想いを一つにってよく言うけれど、
本当に一つになるんですね。


ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


最近、体罰のニュースをよくやっています。

前にも書いたことがありますが、
私が小学生のころ、竹刀を持った先生がいました。

「25m泳げなかったらプールの底に沈めるぞ」
本当にやりかねない先生でした。

私は溺死は嫌だったので必死に泳ぎました。

「泳げた!」

25mの縁に手が届いたとき、先生はこういいました。
「ほら、できただろ」

そっか、先生はこれを教えたかったんだ。
がんばればできる。
あきらめるな。

あの時の達成感や自信はその後の私のすべてにつながっています。

もし、あの時、「無理しなくていいよ」「できる範囲でいいよ」
なんて甘やかされていたら、私は一生泳げなかったかもしれない。
25m泳ぐことの必要性を感じていないから。

本当に大事なことは泳いでみて初めて分かる。

事実だけ取り上げたら、あれは「脅迫」。
でも私は先生のおかげで大事なものを手に入れた。
今でもとても感謝している。

愛情のある厳しさは、優しさに勝る。

今の学校教育は、ちょっとでも叩いたら暴力と教えている。
それは大事な愛情を受け取る機会まで奪っているかもしれない。



ペタしてね

応援よろしくお願いします。
ここをポチッと押してください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


阿部もも

Author:阿部もも
5月6日生まれ B型 北海道函館市出身。

セラピスト・ライター
キャリエンジョイ代表 / ファイナンシャルプランナー(AFP) 

約20年間の商社勤務を経て独立。

中東貿易担当の頃はUAE・バーレーン・クウェートなどの中東諸国への日本食供給に従事。大好きな英語を使い、貿易業務やアラビア語を習得し、忙しいながらも働きがいのある充実した毎日を過ごす。
保険営業時代には、個人・法人ともお客様の悩みに一つ一つお応えするカウンセリング型営業を得意とし、850件の大量受注にこぎつける。

長年働き続けるうちに、お客様置き去りの営業、管理部門からの締め付け、上司―部下間のコミュニケーションなど「会社ってこんなに我慢するところだろうか」と疑問を持つようになり、様々なセミナー・勉強会に参加。
世の中の多くの会社員がいろいろ悩み、我慢し、会社に耐えていることを知り、自分の働き方・世の中に果たす意味について本格的に考えるようになる。

「もっと楽しく働く」を提唱していくのが自分の使命であると考え、「キャリアをエンジョイする」という思いを込めたキャリエンジョイを立ち上げる。

俳人という立ち位置から、カウンセリング、コーチング、ワークショップなどを展開。


俳人(未来図同人)
LABプロファイルインストラクター/トレーナー
NLPプラクティショナー
心理カウンセラー
心理テストライター
ヒプノセラピスト


<他ブログ>
ほわ~っとできる今日の俳句 http://abemomo2000.cocolog-nifty.com/blog/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。