*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は、オリンピック金メダリストの方のお話を聞く機会がありました。

金メダル触らせてもらったんですよ。

一緒に写真も撮ってもらいました。へへ・・・


とてもいいお話がたくさん聞けたので、シェアします。


彼は一度オリンピックの選考落ちを経験しており、

それが大きく成長させてくれたようです。


それまでは、オリンピックに出ることや、1位を取ることがかっこいいと思っていた。

でも落選を機に、がんばることがかっこいいという考えに変わったそうです。


家族の支援とか、今まで気づかずに来たことにも目を向けるようになった。


そういう経験があって、次のオリンピックで見事に金メダルを取ったのです。


彼は、「正しいかっこいい」と「間違ったかっこいい」という表現をしていました。

みんな「かっこいい」ことを目指してるんだと思います。

でも、大事なのは、何をかっこいいと思うかという価値観だと思います。


彼にとってこの競技は生活の一部みたいなもので、辞めるとか考えたこともないし

オリンピックに出るのも当たり前と思っていたようです。


「兄弟と別れようかどうしようかって考えないのと一緒です」と言っていました。


・・・なるほど。だから、つらいから辞めようか、とはならないわけですね。


オリンピックにある種目の選手だったらオリンピックを目指すのは当たり前だし、

サッカー選手だったらワールドカップを目指すのが当たり前と言っていました。


確かに、進学校に行ったら大学受験は当たり前と思っているのと同じ感覚でしょうか。


・・・そして私はふと思ったのです。会社員は何を目指しているだろうと。

アスリートは明確な目標があるのです。金メダルだったり、優勝だったり。

私はここに大きなヒントがある気がしました。


金メダルを取ってからマスコミの前に出る機会も多くなり、でもほかのアスリートたちが

饒舌に語るのに比べ、彼は口下手でそれがもどかしかったそうです。


でも、それをもどかしいと思うのは、本当はとてもやりたいからだと気付いた

という話にハッとさせられました。


・・・そうですね。やりたいと思っていなかったら、できようができまいが気にならないものです。


その後、彼は引退して今は別の業界からこの競技を支えています。

一旦外に出ることで見えることもある、と。


今私もそんな状態なので、私の考え方間違ってなかった!みたいな

確認というか、確信を得ることができました。


とてもいい時間を過ごせました。



よかったらぽちっと


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


この記事へコメントする















阿部もも

Author:阿部もも
5月6日生まれ B型 北海道函館市出身。

セラピスト・ライター
キャリエンジョイ代表 / ファイナンシャルプランナー(AFP) 

約20年間の商社勤務を経て独立。

中東貿易担当の頃はUAE・バーレーン・クウェートなどの中東諸国への日本食供給に従事。大好きな英語を使い、貿易業務やアラビア語を習得し、忙しいながらも働きがいのある充実した毎日を過ごす。
保険営業時代には、個人・法人ともお客様の悩みに一つ一つお応えするカウンセリング型営業を得意とし、850件の大量受注にこぎつける。

長年働き続けるうちに、お客様置き去りの営業、管理部門からの締め付け、上司―部下間のコミュニケーションなど「会社ってこんなに我慢するところだろうか」と疑問を持つようになり、様々なセミナー・勉強会に参加。
世の中の多くの会社員がいろいろ悩み、我慢し、会社に耐えていることを知り、自分の働き方・世の中に果たす意味について本格的に考えるようになる。

「もっと楽しく働く」を提唱していくのが自分の使命であると考え、「キャリアをエンジョイする」という思いを込めたキャリエンジョイを立ち上げる。

俳人という立ち位置から、カウンセリング、コーチング、ワークショップなどを展開。


俳人(未来図同人)
LABプロファイルインストラクター/トレーナー
NLPプラクティショナー
心理カウンセラー
心理テストライター
ヒプノセラピスト


<他ブログ>
ほわ~っとできる今日の俳句 http://abemomo2000.cocolog-nifty.com/blog/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。