*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日は南相馬に傾聴ボランティアに行ってきました。

たった1日ですが、随分とたくさんのことを体験させていただきました。


私は金曜日の夜、前泊で福島に入りました。

駅からホテルに向かう途中まず目に入ったのが、

「除染情報センター」という建物でした。

後から聞いた話ですが、子供たちを遊ばせる場所が本当にないと

困ってらっしゃるようでした。


南相馬では定期的に子供たちを集めて遊ぶ場を提供する活動

と同時に、何か話したいことは気軽に来てください、という場を提供しています。


私は子供たちと遊んだり、話に来て下さった大人の方の話を聞いていました。


実際に話を聞いてみるのはとても勉強になります。


我々は、「さみしいから、悲しいことがあるから、話しに来るんだ」という

先入観がありました。

でも、そうとばかりは限りません。政治経済の話をしたくても話の

合う人がいない、そう漏らしていた方もいました。


そして、一度行っただけではなかなかじっくり話せない。

定期的に通うことの大切さを学びました。


その後、南相馬の沿岸部に視察に行きました。

最近まで立ち入りが制限されていたので、ほかの地域に比べると

作業が遅れ気味だと、他の地区を見てきた人が言っていました。


ガードレールはひしゃげたままでした。


途中で見かけた仮設住宅は国道沿いで、目の前をダンプカーが

通っているようなところに建てられているものもありました。


本当に「仮設」です。

こんなところに長く住んでいなければいけないストレスは

半端ではありません。


海の近くまでやってくると、まだ解体されていない家が何軒かありました。


あちこちの道路で補修作業が行われていました。


がれきの山が種類別にきれいに分けられて並べられていました。

早く処分できればいいのに。

これを受け入れてくれない自治体があるなんて信じられません。

これを処理してくれるくらいの優しさがどうしてないのでしょう。


それから飯舘村を通りました。

この日はとてもいいお天気だったのです。でもどの家も

カーテンを閉め切ったままになっていました。

おそらく誰も戻ってきていないのでしょう。

ここは地震の影響はなく、どこもきれいな家が並んでいました。


締め切った窓と、誰も歩いていない道路。


福島は新緑がとてもきれいで、何事もなかったかのように

自然界は穏やかでした。

人間界はいったい何をやっているのでしょう。


ちょっと駆け足でしたが、そんな一日でした。


私は旅行は大好きですが、何か物足りなさを感じていました。

それは「ああ、楽しかった」で終わるからだということに気づきました。

非現実から現実に連れ戻されるのです。


ボランティアという訪れ方はそのあとにたくさんの課題を

受け取ります。ずっと現実のままなのです。

それは単なる観光旅行では得られない心の部分が動きます。


こういう時間の使い方があったのか。

私はたくさんの学びを受け取りました。



よかったらぽちっと


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


【1. シェアしていただきありがとうございました】
現地のありのままの状況と素直な感想をUPしていただきありがとうございました。とても感動しました。リアルな、心に残るレポートでした。地元の人達が希望を持てるような何か、小さな事でもいいから"気づき"のきっかけ作りができるようになりたいと思いました^^ "質問"は使えるかな?笑
【2. Re:シェアしていただきありがとうございました】
>☆さん
コメントありがとうございます。一緒に「質問」力生かしていきましょうね!
この記事へコメントする















阿部もも

Author:阿部もも
5月6日生まれ B型 北海道函館市出身。

セラピスト・ライター
キャリエンジョイ代表 / ファイナンシャルプランナー(AFP) 

約20年間の商社勤務を経て独立。

中東貿易担当の頃はUAE・バーレーン・クウェートなどの中東諸国への日本食供給に従事。大好きな英語を使い、貿易業務やアラビア語を習得し、忙しいながらも働きがいのある充実した毎日を過ごす。
保険営業時代には、個人・法人ともお客様の悩みに一つ一つお応えするカウンセリング型営業を得意とし、850件の大量受注にこぎつける。

長年働き続けるうちに、お客様置き去りの営業、管理部門からの締め付け、上司―部下間のコミュニケーションなど「会社ってこんなに我慢するところだろうか」と疑問を持つようになり、様々なセミナー・勉強会に参加。
世の中の多くの会社員がいろいろ悩み、我慢し、会社に耐えていることを知り、自分の働き方・世の中に果たす意味について本格的に考えるようになる。

「もっと楽しく働く」を提唱していくのが自分の使命であると考え、「キャリアをエンジョイする」という思いを込めたキャリエンジョイを立ち上げる。

俳人という立ち位置から、カウンセリング、コーチング、ワークショップなどを展開。


俳人(未来図同人)
LABプロファイルインストラクター/トレーナー
NLPプラクティショナー
心理カウンセラー
心理テストライター
ヒプノセラピスト


<他ブログ>
ほわ~っとできる今日の俳句 http://abemomo2000.cocolog-nifty.com/blog/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。