*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日はとある方にお話を伺いに行っていました。


閉塞感のある会社は、専業主婦と旦那さんの関係に似ています。

「誰が食わせてやってると思ってるんだ」と言われても、女性は自分で稼ぐだけの

力がないので、我慢しているしかありません。


でも、女性は次第に稼ぐ力を身に付けてきました。

そうしたら女性は自由を手に入れ、男性たちもいろいろ考えるようになりました。


もし社員全員がいつでも辞められるくらいの力をつけたら、会社は焦ります。

実際に辞めなくても、その空気を匂わせるだけでも会社はいろいろ

考えるようになるのではないでしょうか。


それは決してわがままや身勝手などではありません。

会社を本当に良くしていくためには、それくらいの力が必要だと思います。


一人二人では何もできなくても、みんなが疑問に思っていることを形にしていけば、

必ず変わると思います。


そして残る必要のない会社は淘汰され、その時には自分は自分でやっていける

力をつけている。

それもありなのではないでしょうか。









よかったらぽちっと


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


この記事へコメントする















阿部もも

Author:阿部もも
5月6日生まれ B型 北海道函館市出身。

セラピスト・ライター
キャリエンジョイ代表 / ファイナンシャルプランナー(AFP) 

約20年間の商社勤務を経て独立。

中東貿易担当の頃はUAE・バーレーン・クウェートなどの中東諸国への日本食供給に従事。大好きな英語を使い、貿易業務やアラビア語を習得し、忙しいながらも働きがいのある充実した毎日を過ごす。
保険営業時代には、個人・法人ともお客様の悩みに一つ一つお応えするカウンセリング型営業を得意とし、850件の大量受注にこぎつける。

長年働き続けるうちに、お客様置き去りの営業、管理部門からの締め付け、上司―部下間のコミュニケーションなど「会社ってこんなに我慢するところだろうか」と疑問を持つようになり、様々なセミナー・勉強会に参加。
世の中の多くの会社員がいろいろ悩み、我慢し、会社に耐えていることを知り、自分の働き方・世の中に果たす意味について本格的に考えるようになる。

「もっと楽しく働く」を提唱していくのが自分の使命であると考え、「キャリアをエンジョイする」という思いを込めたキャリエンジョイを立ち上げる。

俳人という立ち位置から、カウンセリング、コーチング、ワークショップなどを展開。


俳人(未来図同人)
LABプロファイルインストラクター/トレーナー
NLPプラクティショナー
心理カウンセラー
心理テストライター
ヒプノセラピスト


<他ブログ>
ほわ~っとできる今日の俳句 http://abemomo2000.cocolog-nifty.com/blog/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。